« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 4月の新刊書籍プレゼント »

2006/03/29

まずタイトルを決めろ

2006年3月28日のITmedia Newsにあった記事。角川デジックス、バンダイネットワークス、公募ガイドの3社が募集を開始した、携帯電話で読む「ケータイ小説」のための文学賞だそうです。そのタイトルが「タイトルが先だ!文学賞」。

まずはタイトルだけを募集して、タイトルが決まったらキャッチコピーと表紙イラストを募集、そして最後に小説の中身を募集するというシステム。全部、そのつど募集するわけです。ということは、それぞれの段階でまったく別の人の案が通ることもあるわけですね。

ケータイ小説は、小さな画面上に表示される情報だけで購入を決めるため、タイトルのインパクトが売上を左右するから、まずは売れそうなタイトルを、中身はそのあとでOKという考え方。

タイトルのインパクトで売上が左右されるのは、ケータイ小説に限ったことじゃありません。紙媒体の単行本だって、書店の棚に入れば背表紙という小さな面積に書かれた書名だけが頼りになりますし、ネット書店でもタイトルと著者名以外の情報はたいして提供されていないからおんなじ。

そういう意味で、こういう考え方はありだと思います。ありだとは思いますが、それでいいのかなぁという感じも自分としてはあります。まずは「売れそうなパッケージ」をつくり、中身はパッケージが決まったあとに考える(当てはめていく?)。完全に外側優先、中身はそこそこでOK、といった印象を受けてしまいます。

最近はインパクト重視、最初のインパクトで強烈にひきつけないと、いちいち中まで見てくれないという傾向にあるのは事実でしょう。ものが多くあふれかえり、いろいろなことに忙しくて時間のない現代には、見た目よりも内容重視、まずはじっくり内容を吟味して質の良い悪いを自分で判断し、選択し、購入の意思決定をするというスタイルは合わないのかもしれません。こういった状況のなかで確実に売っていくには、こうしたアプローチは可能性の高い選択肢のひとつのように思えます。実際、これに近い考え方で企画をたてること(を要求されること)もありますし。

でもやはり、自分としては、それでいいのかなぁと思ってしまう。そういうのもあっていいけれど、そうじゃないもののほうが、おそらく自分は好きだろうし、納得もできるのだろうなと。


====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

4月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   4月7日(金)掲載予定
神戸新聞   4月7日(金)掲載予定
西日本新聞  4月11日(火)掲載予定
中日新聞   4月11日(火)掲載予定
東京新聞   4月12日(水)掲載予定
北海道新聞  4月12日(水)掲載予定
中国新聞   4月18日(火)掲載予定
(明細)
☆パチンコ沈没 潰れる店・生き残る店
☆ダイレクトセールスの超技術

中国新聞   4月21日(金)掲載予定
(明細)
☆「仏教」のことがわかる101語
☆世界一おもしろい日本神話の物語


書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

|

« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 4月の新刊書籍プレゼント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本に関して想うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずタイトルを決めろ:

« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 4月の新刊書籍プレゼント »