« 本は形が完成しちゃってるのだろうか | トップページ | プレゼント当選者の発表でっす »

2006/10/25

テレビドラマで観たことはあるけれど

本当にあるんですねぇ、フライト・アテンダントさんの結婚式で。

寿アナウンス

しかも、いまだに健在らしい。テレビドラマの中でだけのことじゃなかったんだ。

ちなみに出版社の様子も、テレビドラマでときどき見ますね。だいたい、こんな感じかしら。

◎編集者のデスクは本や紙類でごちゃごちゃ。
◎なんだか室内(編集部内)はいつもわさわさしてる。
◎電話とか、ガンガンかかってくる。
◎ときどき匿名の垂れ込み電話もかかってくる。
◎編集者がマスコミ(プレス)の特権でいろいろなところに出入りしたりセレブな人とであったりする。
◎「デスク」とか「編集長」とか呼ばれる人がしょっちゅう怒鳴り声を上げている。
◎「デスク」とか「編集長」とか呼ばれる人がへらへらしててあまり働いているように見えない。
◎編集者の住んでいる部屋が妙に豪華。

うぅぅ、ないない。雑誌や新聞の編集部とかはこんな感じなのかなぁ。
こう書房の編集部は、とっても静かですよぉ。

編集長のデスクは本やら紙やらでごちゃごちゃですが(←古いタイプの編集者?)、他の部員のデスクはすっきりしたものです。数冊の資料とペーパー、あとはノートパソコンがあるくらい。

電話は、印刷屋さんと紙屋さん、広告屋さんからかかってくる以外は、ほとんどはどこかから流出した名簿を使って編集長宛にかかってくる(^^;)営業電話くらい。著者さんからの連絡は、ほとんどメールですしね。

垂れ込みの電話もかかってこないですし、芸能人の方とお知り合いになったりする機会もまずない。華やかなことはないです。編集部勤務だからって、パーティや記者発表会、その他各種催しに呼ばれることもないですし、招待状もなしに勝手に押しかけて「プレスです!」で会場に入れてもらえるとも思えない。

そして、うちの編集長はすっごく物静かです。ほとんどしゃべりません。それに、編集長が怒鳴ったり怒ったり暴れたりしている姿って、1回しか見たことありません。

編集長に限らず、うちの編集部員はみんな物静かで、ほとんどしゃべりませんね。電話の応対および朝と帰りの挨拶以外、なにもしゃべらないという日も少なくないんじゃないでしょうか。部員同士の会話もほとんどないし、会議のときも、あんまりしゃべりませんねぇ(←これは困ったことです)。

そして、おいらが住んでる部屋は築30年だか40年だかの2階建てボロアパートの一室で、窓を全部閉めた中で火鉢を焚いても一酸化炭素中毒にはならないんじゃないかってくらい通気のいい(ToT)部屋。しかも、階段をのぼるだけでアパート全体が振動するくらいしなやかな(^^;)つくりなので、地震のときは、たぶんみなさんのおうちよりも震度にして0.5くらい、うちのほうが強く揺れてるんじゃないかしら。

お給料だってね、雑誌などで発表される、同じ世代の方の平均給与とくらべると... いや、やめておきましょう...

ま、そんな感じの地味ぃ~な環境のなかで、日夜... いや、うちの編集部はみなさん規則正しく夕方には帰宅されるので... 日々、原稿や企画やコンピュータと戯れているのでした。

そんな日々の成果の11月新刊3点の見本が今日、できあがってきたのだけど、今回はおいらが担当したものはないので紹介しないよ。といいつつ、ひとつだけ。

わが編集部の紅一点、Fさんが担当した『もっと自分中心でうまくいく』。この本のカバーデザインは、社内の一部では通称「トクホン」と呼ばれています。なぜか。

書店さんなどでカバーを見ていただけばおわかりになると思いますが、このデザインの基本アイデアは、「トクホン」(って、若い衆は知っているのだろうか。いわゆる湿布です)のパッケージデザインを参考にしているのです。

カバーデザインをしてくれたデザイナーさんは、ほかにもっと華やかだったり可愛らしかったりするデザインをいくつか提案してくれたのですが、担当Fさんには「トクホンみたいにしたい!」という強い想い入れがありました。社内でのデザイン検討会のときにその想いを吐露したFさん。しかし、そういわれても「トクホン」がどんなパッケージだったか、誰も思い出せません。

すると!

Fさんは自分のデスクの引き出しから、おもむろに「トクホン」を取り出したのです。

参考

自分は、そしておそらく他の社員の多くにとっても、「トクホン」のパッケージをこんなにしっかりと見るのは初めてかも。ていうか、「トクホン」がまだ売られているなんて知らなかったよ(トクホンさん、ごめん。ちなみに株式会社トクホンさんのウェブサイトはこちら)。

その結果、「あんたがそれほどいうなら、トクホンでいこう」となり、デザイナーさんにも意向を汲んでいただいて、このデザインができあがったのです。

そんなわけで、11月あたまくらいから書店さんの店頭に並び出すであろう新刊の『もっと自分中心でうまくいく』をご覧になりましたら、ぜひ「トクホン」のパッケージとも見比べて、担当Fさんの熱い想い入れ?を感じていただければと思う今日この頃です。

====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

10月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   10月12日(木)
(明細)
★あなたは調べられている!
★世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚
★1000億円を動かす!ファンドマネージャー塾

北海道新聞  10月10日(火)
中国新聞   10月13日(金)
東京新聞   10月16日(月)
中日新聞   10月16日(月)
神戸新聞   10月18日(水)
西日本新聞  10月19日(木)
(明細)
★あなたは調べられている!
★世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚
★人生が劇的に変わる心の習慣

読売新聞   10月12日(木)
(明細)
★あなたは調べられている!
★世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚
★ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法

書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

|

« 本は形が完成しちゃってるのだろうか | トップページ | プレゼント当選者の発表でっす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマで観たことはあるけれど:

« 本は形が完成しちゃってるのだろうか | トップページ | プレゼント当選者の発表でっす »