« もともとデジタルデータなのだから | トップページ | いろいろと考えを変えないとね »

2007/04/27

4月の新刊書籍プレゼント


いよいよ明日からゴールデンウィークですね。営業部のKさんは合間の平日も休暇にして、ロングな連休を取るそうです。営業部の人たちは、もう何ヶ月も毎日たっくさん働いてるから、この連休でゆっくり休んでちょうだいね。

日ごろからそんなに真面目にもたくさんも働いていないおいらは、5月1日・2日は普通に出勤です。1日の出勤時までには6月新刊『本当にあった「ホテルの素敵なサービス」物語』の追加原稿等がぜんぶ著者さんから届いているはずなので(だよね? うさぎさん)、それをガシガシと読んで必要なら調整して再校校正紙をつくらねばなりません。そのための英気を養いに、今日はこれから仕事外の友人たちとイタリアンで食事会、そんで日曜日には著者さんが紹介してくれたお店に焼肉食べにいってきまぃっす。


それはさておき、5月の「本を読んで新刊ゲット!」企画の発表です。応募方法は前回と同じ。こう書房の本を読んで、感想や印象などを聞かせてくださった方に今月のプレゼント図書(新刊)のなかからご希望のものを1冊差し上げます(当選数各1名)。応募者多数の場合は抽選になりますが、私あまろ~ねが制作にかかわった本の感想等は、そうでない本よりも優先されることがあるかもしれません(笑)。また、当選者さん同士で希望賞品がかぶった場合は、希望賞品のご連絡の早い者順でお送りする賞品が決まります。

感想等は、自由なスタイルで書いてくださってかまいませんし、こちらからの「アンケート」に回答するかたちでもかまいません。

感想・回答は、ここのコメント欄に書くか、あるいはあまろ~ね宛てのメールで送ってください。コメント欄に書く場合は、当選時のご連絡のために、連絡のつくメールアドレスも入れておいてくださいね。メールアドレスがないと、エントリーとなりません。

また、感想をご自分のBlogなどに書いてくださっている方は、そのページへのリンクをお知らせくださるか、そのページへトラックバックを貼るのでもけっこうです。ただし、そのBlog上に、管理人さんに直接連絡が取れるメールアドレスの記載があることが必要です。もちろん、コメント欄等で別途メールアドレスをお知らせくださっていればかまいません。

これらのいずれかの方法で感想・回答をくださった方は「プレゼント企画エントリー候補者」となります。書いてくださった感想の「未公認なんですぅ」への転載・引用の許可をいただき、連絡先のメールアドレスが確認できた時点で正式エントリーとなります。賞品選択が当選者による早い者順という関係上、抽選の時点でこちらからメールで連絡が取れる方のみがエントリー対象となりますので、ご注意を。

なお、これは「こう書房」という会社としての正式な企画ではありません。私あまろ~ねが個人で勝手に行なう、ここ「未公認なんですぅ」の独自企画です。

こう書房では毎月の新刊ができると従業員に各1冊を無料でくれます。この「自分が会社からもらった新刊書」を、ここの読者さんにプレゼントしちゃおうというわけです。会社には話を通してないので、会社宛てに問い合わせの電話やメールはしないでね。質問等がありましたらここのコメント欄もしくはあまろ~ね宛てのメールでお知らせください。


■最近の主な制作担当図書■ 他の本の感想よりも当選の権利が優先されるかも

『社会人のための読解力トレーニング』
『ハヤリもの50年【昭和32年‐平成18年】』
『投信・個人年金セールス実践マニュアル』
『世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚』
『世界一おもしろい日本神話の物語』
『ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法』
『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
『働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった』
『新入社員が劇的に成長する3か月プログラム』
『小さな飲食店 お客のココロをガッチリつかむ法』
『サービスマインドをたかめる物語』
『外国映画の歩き方』
『マンガで楽しむ 旧約聖書』
『マンガで楽しむ 新約聖書』
などなど。そのほか、「こう書房“未公認”ホームページ」に掲載されているもので「内容見本」があるものは、自分が制作にかかわっている可能性がかなり高いです。


■5月のプレゼント図書■ 6月新刊(現在制作進行中!)+α

☆日本のニュース 賛否両論わかる本
  現代ニュース研究会 / 定価1470円
☆本当にあった「ホテルの素敵なサービス」物語
  生井俊 / 定価1365円
☆30秒でつかみ1分でウケる雑談のコツ
  長住哲雄 / 定価1365円
☆日野原重明 いのちと勇気のことば
  日野原重明 / 定価1155円
☆新TOEIC(R)テスト600点英文法スピード攻略
  田口悦男 / 定価1365円


■応募の際のお約束■

●どの本についての感想かがわかるようにしてください。
●いただいた感想・回答は、このBlog「未公認なんですぅ」に転載・引用します。ご了承ください。
●ご自分のウェブやBlogにある感想を教えてくださった場合も、そちらにある感想文をこのBlog「未公認なんですぅ」に掲載・転載します。ご了承ください。


■応募期間■
今回のエントリー期間は5月27日(日)までです。5月28日には抽選し、当選者の方にお知らせする予定。

お寄せいただく感想は、ほんと簡単なものでもいいんですよ。また、必ず褒めなくちゃいけないというわけでもありません。ここはもう少し突っ込んだ解説がほしかったとか、この部分の記述や図版がわかりにくいといった率直な感想・批判も歓迎します。ただ、批判の場合には多少の愛情を込めてくださいね。愛情なしの攻撃だと、へこむから(汗)。

みなさんのエントリーをお待ちしてます♪


■アンケート■
「感想文を書くのはちょっと苦手」という方は、こちらのアンケートにお答えください。

★お読みになった本のタイトルを教えてください★

★その本のことをどこで知りましたか?★
(書店の棚でか、どこかのウェブサイトやメルマガ等でか、新聞広告等か、それとも別のなにかですか?)

★なぜ、その本を買ってくださったのですか?★
(なにか目的があったのか、どこにひきつけられたのか、なにを期待して買ったのか、など)

★実際に読んでみて、買った目的・期待・理由などを満足させるものでしたか?★
(満足できた部分、不満に思った部分など、お聞かせください)

★とくに印象に残った部分はどこですか?★
(いい意味でも、悪い意味でもけっこうです。該当するページや項目タイトル、あるいは表紙のデザインや定価など、特定していただけるとありがたいです)

★その他、感じたことなどありましたらお書きください★

★差し支えなければ、性別と、おおよその年齢をお聞かせください★
(男性・30代……といった程度でけっこうです。性別だけ、おおよその年齢だけでもけっこうです)

アンケートは以上です。上記をコピーして、ここのコメント欄に書くか、あまろ~ね宛てのメールでお送りください。





====================

カバー写真『社会人のための読解力トレーニング』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)もう見たぁ? 大きめの書店さんには並んでるはずだから、見て見て見て見て。

【問題】「次のそれぞれの文を読んで主観的な記述、客観的な記述とに分けてください」
1 私は35歳です。
2 この本はとても面白い。
3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。

【解説】
1 私は35歳です。
「私」が「35歳」であることは、相手が誰であっても変わらない事実ですよね。(中略)したがって、これは典型的な客観的な文章。

2 この本はとても面白い。
これは逆に典型的な主観的な文章。だって、面白いと感じるかどうかは人によって違うわけです。何をもって面白いとするのかの基準も人それぞれ。したがって主観的。

3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
これは歴史的な事実です。歴史的な事実といっても大昔ならば記述の信憑性を疑うこともできますが、1991年とほんの数十年前のことですし、政治的に真実が隠される必要もないようなものですから、客観的といって間違いないでしょう。

4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。
3が客観的なら、この4も同じ理由で客観的なような気がします。ところが……

さぁ、「ところが……」のあとにはどんな解説が続くのか、そしてこの文章は主観的なものなのか客観的なものなのか??
答えは、




教えてあげないよ。ジャン。




答えが気になっちゃった人はぜひ、この本を読んでみよー。
答えがわかった方、ここでばらさないでくださいねー。

====================




楽天ブックスさんで広告掲載してまーす。5月16日までの1か月間。こう書房にとって初めてのウェブ広告です。どんだけ効果があるのかしら?

バナー



|

« もともとデジタルデータなのだから | トップページ | いろいろと考えを変えないとね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本をプレゼント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の新刊書籍プレゼント:

« もともとデジタルデータなのだから | トップページ | いろいろと考えを変えないとね »