« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 今度こそ実現するか!? »

2007/05/29

6月の新刊書籍プレゼント


カバー写真『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』、まもなく見本ができあがりますよー。書店さんには、早いところでは6月6日(水)くらいから並び始めるんじゃないかな。

派手でわかりやすいインパクトの強さがないので「サプライズ!」とか「ミスティーク!!」とかを期待されると拍子抜けするかもしれないけれど、サービスの基本の部分にある大切なことを伝えたいという著者さんの意図がじんわり感じてもらえるといいなぁ。最近流行りの調味料で強い味付けをされた料理ではなくて、ほんのりお出汁が効いてる上品な料理みたいなもんだと思っていただけたならよいのだけど。ビバ、湯豆腐!みたいな(違う!?)。


それはさておき、6月の「本を読んで新刊ゲット!」企画の発表です。応募方法は前回と同じ。こう書房の本を読んで、感想や印象などを聞かせてくださった方に今月のプレゼント図書(新刊)のなかからご希望のものを1冊差し上げます(当選数各1名)。応募者多数の場合は抽選になりますが、私あまろ~ねが制作にかかわった本の感想等は、そうでない本よりも優先されることがあるかもしれません(笑)。また、当選者さん同士で希望賞品がかぶった場合は、希望賞品のご連絡の早い者順でお送りする賞品が決まります。

感想等は、自由なスタイルで書いてくださってかまいませんし、こちらからの「アンケート」に回答するかたちでもかまいません。

感想・回答は、ここのコメント欄に書くか、あるいはあまろ~ね宛てのメールで送ってください。コメント欄に書く場合は、当選時のご連絡のために、連絡のつくメールアドレスも入れておいてくださいね。メールアドレスがないと、エントリーとなりません。

また、感想をご自分のBlogなどに書いてくださっている方は、そのページへのリンクをお知らせくださるか、そのページへトラックバックを貼るのでもけっこうです。ただし、そのBlog上に、管理人さんに直接連絡が取れるメールアドレスの記載があることが必要です。もちろん、コメント欄等で別途メールアドレスをお知らせくださっていればかまいません。

これらのいずれかの方法で感想・回答をくださった方は「プレゼント企画エントリー候補者」となります。書いてくださった感想の「未公認なんですぅ」への転載・引用の許可をいただき、連絡先のメールアドレスが確認できた時点で正式エントリーとなります。賞品選択が当選者による早い者順という関係上、抽選の時点でこちらからメールで連絡が取れる方のみがエントリー対象となりますので、ご注意を。

なお、これは「こう書房」という会社としての正式な企画ではありません。私あまろ~ねが個人で勝手に行なう、ここ「未公認なんですぅ」の独自企画です。

こう書房では毎月の新刊ができると従業員に各1冊を無料でくれます。この「自分が会社からもらった新刊書」を、ここの読者さんにプレゼントしちゃおうというわけです。会社には話を通してないので、会社宛てに問い合わせの電話やメールはしないでね。質問等がありましたらここのコメント欄もしくはあまろ~ね宛てのメールでお知らせください。


■最近の主な制作担当図書■ 他の本の感想よりも当選の権利が優先されるかも

『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』
『社会人のための読解力トレーニング』
『ハヤリもの50年【昭和32年‐平成18年】』
『投信・個人年金セールス実践マニュアル』
『世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚』
『世界一おもしろい日本神話の物語』
『ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法』
『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
『働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった』
『新入社員が劇的に成長する3か月プログラム』
『小さな飲食店 お客のココロをガッチリつかむ法』
『サービスマインドをたかめる物語』
『外国映画の歩き方』
『マンガで楽しむ 旧約聖書』
『マンガで楽しむ 新約聖書』
などなど。そのほか、「こう書房“未公認”ホームページ new!」に掲載されているもので「内容見本」があるものは、自分が制作にかかわっている可能性がかなり高いです。


■6月のプレゼント図書■ 7月新刊(現在制作進行中!)+α

☆成功するのに目標はいらない!
  平本相武 / 定価1365円
☆人間の品格
  馬場啓一 / 定価1470円
☆デリヘルの経済学
  モリコウスケ / 定価1470円
☆日本のニュース 賛否両論わかる本
  現代ニュース研究会 / 定価1470円
☆30秒でつかみ1分でウケる雑談の技術
  長住哲雄 / 定価1365円


■応募の際のお約束■

●どの本についての感想かがわかるようにしてください。
●いただいた感想・回答は、このBlog「未公認なんですぅ」に転載・引用します。ご了承ください。
●ご自分のウェブやBlogにある感想を教えてくださった場合も、そちらにある感想文をこのBlog「未公認なんですぅ」に掲載・転載します。ご了承ください。


■応募期間■
今回のエントリー期間は6月25日(月)までです。6月26日には抽選し、当選者の方にお知らせする予定。

お寄せいただく感想は、ほんと簡単なものでもいいんですよ。また、必ず褒めなくちゃいけないというわけでもありません。ここはもう少し突っ込んだ解説がほしかったとか、この部分の記述や図版がわかりにくいといった率直な感想・批判も歓迎します。ただ、批判の場合には多少の愛情を込めてくださいね。愛情なしの攻撃だと、へこむから(汗)。

みなさんのエントリーをお待ちしてます♪


■アンケート■
「感想文を書くのはちょっと苦手」という方は、こちらのアンケートにお答えください。

★お読みになった本のタイトルを教えてください★

★その本のことをどこで知りましたか?★
(書店の棚でか、どこかのウェブサイトやメルマガ等でか、新聞広告等か、それとも別のなにかですか?)

★なぜ、その本を買ってくださったのですか?★
(なにか目的があったのか、どこにひきつけられたのか、なにを期待して買ったのか、など)

★実際に読んでみて、買った目的・期待・理由などを満足させるものでしたか?★
(満足できた部分、不満に思った部分など、お聞かせください)

★とくに印象に残った部分はどこですか?★
(いい意味でも、悪い意味でもけっこうです。該当するページや項目タイトル、あるいは表紙のデザインや定価など、特定していただけるとありがたいです)

★その他、感じたことなどありましたらお書きください★

★差し支えなければ、性別と、おおよその年齢をお聞かせください★
(男性・30代……といった程度でけっこうです。性別だけ、おおよその年齢だけでもけっこうです)

アンケートは以上です。上記をコピーして、ここのコメント欄に書くか、あまろ~ね宛てのメールでお送りください。






====================

カバー写真『社会人のための読解力トレーニング』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う

Blogやmixiでなぜだか荒れたコメント応酬に巻き込まれてしまうのも、会議の席で「キミの発言はどうも的外れだ」といわれてしまうのも、上司や取引先などに「キミとの会話はどうも噛み合わない」といわれてしまうのも、実は「読解力」の不足が大きな原因になってることが多いのです!

「読む力」をつければ、話を聞く力、文章を書く力、話をする力も上がります。逆にいえば、ちゃんと読めないから、相手の意図をちゃんと把握・理解できない。間違った理解、曖昧な把握のままにコメントを書いたり発言したりするから、場が荒れてしまったりしがちなのです。

思い当たること、ありませんか?

少しでも思い当たる節があるなら、読んでみたほうがいいですよ、この本。たとえば次ぎにあげるような、こんな簡単なことでも、自信を持って答えとその理由をいえますか?


【問題】「次のそれぞれの文を読んで主観的な記述、客観的な記述とに分けてください」
1 私は35歳です。
2 この本はとても面白い。
3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。

【解説】
1 私は35歳です。
「私」が「35歳」であることは、相手が誰であっても変わらない事実ですよね。(中略)したがって、これは典型的な客観的な文章。

2 この本はとても面白い。
これは逆に典型的な主観的な文章。だって、面白いと感じるかどうかは人によって違うわけです。何をもって面白いとするのかの基準も人それぞれ。したがって主観的。

3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
これは歴史的な事実です。歴史的な事実といっても大昔ならば記述の信憑性を疑うこともできますが、1991年とほんの数十年前のことですし、政治的に真実が隠される必要もないようなものですから、客観的といって間違いないでしょう。

4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。
3が客観的なら、この4も同じ理由で客観的なような気がします。ところが……

さぁ、「ところが……」のあとにはどんな解説が続くのか、そしてこの文章は主観的なものなのか客観的なものなのか??
答えは、




教えてあげないよ。ジャン。




答えが気になっちゃった人はぜひ、この本を読んでみよー。
答えがわかった方、ここでばらさないでくださいねー。


|

« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 今度こそ実現するか!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本をプレゼント」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
7月新刊『デリヘルの経済学』著者のモリコウスケと申します。

このたび、こう書房さまのお世話になり、出版に向けて現在制作進行中です。
読者のみなさまの期待を裏切らない本になるよう努力いたします。

あまろ~ねさま、未公認ということですので、関係者にはもちろん内緒にしておきますネ^^
お仕事頑張ってください。
そして、これからも宜しくお願いいたします。

投稿: 『デリヘルの経済学』著者・モリコウスケ | 2007/05/30 13:54

わわわ、著者さんだ。ご配慮ありがとうございます。

ここ、マジでほんとに真剣に「未公認」の勝手Blogでして、会社とは関係なくやってます。でも、社員は(おそらく)みんなここのことを知ってるし、何人かは読んでる。でも「読んでないよ」って顔をしてる。こわいですぅ。ある日突然ここが消滅したら、なにか踏んじゃいけない地雷を踏んじゃったんだなとご理解ください。わはは(^^;)。

『デリヘルの経済学』、自分の担当でないし、担当以外の本にはかかわらない、他の部員とはめったに会話をしないのが当社編集部の持ち味(使い方が間違ってるな、きっと)なので、どのような本ができあがってくるのかわかりませんが、楽しみに、ほんと楽しみに、すごくすっごく楽しみにしてますです。

大ヒット・大ベストセラーになって、編集長の眉間のしわが浅くなって、新社長が妙に機嫌よく「デリヘルが大ヒットになったから、みんなに金一封をあげよう」と思わず口走ってしまう日を夢見てます。あいむ・どりぃみ~ん♪

投稿: あまろ~ね | 2007/05/31 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の新刊書籍プレゼント:

« プレゼント当選者の発表でっす | トップページ | 今度こそ実現するか!? »