« 現在進行形は、本にできない | トップページ | Amazonで2位でしたっ! »

2007/06/29

7月の新刊書籍プレゼント


毎月恒例?「本を読んで新刊ゲット!」企画の発表です。応募方法は前回と同じ。こう書房の本を読んで、感想や印象などを聞かせてくださった方に今月のプレゼント図書(新刊)のなかからご希望のものを1冊差し上げます(当選数各1名)。応募者多数の場合は抽選になりますが、私あまろ~ねが制作にかかわった本の感想等は、そうでない本よりも優先されることがあるかもしれません(笑)。また、当選者さん同士で希望賞品がかぶった場合は、希望賞品のご連絡の早い者順でお送りする賞品が決まります。

感想等は、自由なスタイルで書いてくださってかまいません。ここのコメント欄に書くか、あるいはあまろ~ね宛てのメールで送ってください。コメント欄に書く場合は、当選時のご連絡のために、連絡のつくメールアドレスも入れておいてくださいね。メールアドレスがないと、エントリーとなりません。

また、感想をご自分のBlogなどに書いてくださっている方は、そのページへのリンクをお知らせくださるか、そのページへトラックバックを貼るのでもけっこうです。ただし、そのBlog上に、管理人さんに直接連絡が取れるメールアドレスの記載があることが必要です。もちろん、コメント欄等で別途メールアドレスをお知らせくださっていればかまいません。

これらのいずれかの方法で感想をくださった方は「プレゼント企画エントリー候補者」となります。書いてくださった感想の「未公認なんですぅ」への転載・引用の許可をいただき、連絡先のメールアドレスが確認できた時点で正式エントリーとなります。賞品選択が当選者による早い者順という関係上、抽選の時点でこちらからメールで連絡が取れる方のみがエントリー対象となりますので、ご注意を。

なお、これは「こう書房」という会社としての正式な企画ではありません。私あまろ~ねが個人で勝手に行なう、ここ「未公認なんですぅ」の独自企画です。

こう書房では毎月の新刊ができると従業員に各1冊を無料でくれます。この「自分が会社からもらった新刊書」を、ここの読者さんにプレゼントしちゃおうというわけです。会社には話を通してないので、会社宛てに問い合わせの電話やメールはしないでね。質問等がありましたらここのコメント欄もしくはあまろ~ね宛てのメールでお知らせください。


■最近の主な制作担当図書■ 他の本の感想よりも当選の権利が優先されるかも

『本当にあった ホテルの素敵なサービス物語』
『社会人のための読解力トレーニング』
『ハヤリもの50年【昭和32年‐平成18年】』
『投信・個人年金セールス実践マニュアル』
『世界一なぞめいた日本の伝説・奇譚』
『世界一おもしろい日本神話の物語』
『ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法』
『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
『働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった』
『新入社員が劇的に成長する3か月プログラム』
『小さな飲食店 お客のココロをガッチリつかむ法』
『サービスマインドをたかめる物語』
『外国映画の歩き方』
『マンガで楽しむ 旧約聖書』
『マンガで楽しむ 新約聖書』
などなど。そのほか、「こう書房“未公認”ホームページ new!」に掲載されているもので「内容見本」があるものは、自分が制作にかかわっている可能性がかなり高いです。


■7月のプレゼント図書■ 8月新刊(現在制作進行中!)

☆遊びも付き合いもやめない勉強法
  古川裕倫 / 定価1470円
☆眠れぬ江戸の怖い話
  支倉槇人 / 定価1260円
☆手塚治虫 鉄腕のことば
  手塚治虫 / 定価1155円

■応募の際のお約束■

●どの本についての感想かがわかるようにしてください。
●いただいた感想・回答は、このBlog「未公認なんですぅ」に転載・引用します。ご了承ください。
●ご自分のウェブやBlogにある感想を教えてくださった場合も、そちらにある感想文をこのBlog「未公認なんですぅ」に掲載・転載します。ご了承ください。


■応募期間■
今回のエントリー期間は7月25日(水)までです。7月26日には抽選し、当選者の方にお知らせする予定。

お寄せいただく感想は、ほんと簡単なものでもいいんですよ。また、必ず褒めなくちゃいけないというわけでもありません。ここはもう少し突っ込んだ解説がほしかったとか、この部分の記述や図版がわかりにくいといった率直な感想・批判も歓迎します。ただ、批判の場合には多少の愛情を込めてくださいね。愛情なしの攻撃だと、へこむから(汗)。

みなさんのエントリーをお待ちしてます♪



====================

まもなく増刷ができあがりますよー。

カバー写真『マンガで楽しむ旧約聖書』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う

カバー写真『マンガで楽しむ新約聖書』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う


聖書を、キリスト教とかの宗教の「経典」としてではなく、世界でもっとも多くの人に読まれている「ベストセラー小説」のひとつとして楽しもう、そのための入口にしよう、という本。そのため、内容にいわゆる「宗教色」はほぼ皆無です。宗教やキリスト「教」とは関係なく純粋に「西洋文化を理解し楽しむための基礎知識・一般教養」としての聖書に興味がある人、聖書で展開される「物語」の内容を知りたい人には、このくらい砕けているほうがとっつきやすいんじゃないかしらん。

聖書に書かれている「お話(物語)」のなかから、ドラマとしておもしろいものや、西洋の映画や小説、絵画などといった文化作品によく引用されたり暗喩として使われたりするようなものを50個ほどピックアップし、それを3ページのコマ割りマンガでおもしろおかしく読めるようにしました。

それぞれのお話の最初には、そのお話の概要が短い文章で説明してあり、そのお話の主な登場人物(メイン・キャスト)が簡単なキャラクター紹介とともに紹介されているのですが、このキャラクター紹介がおいらは大好きです。著者さんのポップでキッチュな感性炸裂。

ちなみに、人類史上最初の殺人事件(カインとアベルの物語ね)の発端ともいえる「神さま」のキャラ紹介は、

「こってり好き?」

のひとこと!?

う~ん、これだけ読んでもよくわからないですね。でも、このキャラ紹介を読んで、本編であるマンガを読むと、あら納得、なるほどねぇ~と思ったりするのです。

あ、けっして聖書や神さま、キリスト教を冒涜しようとか笑い飛ばそうとか、そういう意図はないんですよ。そうではなく、なんだか敷居の高い感じのする聖書に書かれているお話を、わかりやすく身近な感じの表現やキャラづけを行なうことで、一般書のように楽しんでもらいたいという意図なんです。これで「聖書のお話っておもしろーい」ていう片鱗をつかんだら、ぜひ、より詳しい、より本来の聖書に近いものを読んでみるといいです。






|

« 現在進行形は、本にできない | トップページ | Amazonで2位でしたっ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本をプレゼント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月の新刊書籍プレゼント:

« 現在進行形は、本にできない | トップページ | Amazonで2位でしたっ! »