« 最初の寿司は八の字型に置く | トップページ | 文庫の棚がガラガラなのを見るといたたまれない気持ちになる »

2010/07/22

すっきり分類できないものもあるわけで

いま、10月新刊になるかもしれない原稿をちょこちょこと整理してるところ。多数あるネタ(項目)をジャンルごとに分類して章分けし構成するタイプの本。

こういう本の場合、各章のボリュームバランスを見ながら入れる項目を考え、先に目次をある程度かためて、その目次に沿って原稿を書いてもらったほうが楽なのだけど、今回はとりあえず考えうる項目をできるだけ足したうえでネタとして面白そうなものをピックアップし全体の必要項目数まで絞ることを優先したため、ネタ数はあるのだけど章分けがほとんどできてないまま原稿執筆に入ってもらった。

そうして集まった項目原稿にある程度の「テーマ・ジャンル」タグをつけ、それをもとに現在、章分けをしているのだけど、そうすると、どうしても特定の章に項目が集中しすぎるというのが出てくる。そのたびにタグの付け替えをし、別の章分けができないかを考え、なんとなくそれぞれの章のボリュームバランスが取れそうなところまで来たのだけど、こういうやり方でつくるとたいていの場合発生する「どの章にも微妙にそぐわない項目」が、やっぱり発生しちゃった。

この項目だけで章ひとつですかみたいなやつを集めて無理やりなタグ付けをするか、微妙にそぐわないけどほんの少しかすってそうな章に無理やりつっこみタグ付けを微調整するか。なんかこんな作業、つい最近も別の原稿でやってたような気がする。

やはり先に目次が固まっているほうがのちの作業はいろいろ楽だ。でもおいらは、ごちゃ混ぜになってるものを分類し整理し並び順を考え組み立てていく作業が実はけっこう好きだったりもするんだなぁ。

|

« 最初の寿司は八の字型に置く | トップページ | 文庫の棚がガラガラなのを見るといたたまれない気持ちになる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっきり分類できないものもあるわけで:

« 最初の寿司は八の字型に置く | トップページ | 文庫の棚がガラガラなのを見るといたたまれない気持ちになる »