« 2010年7月 | トップページ | 2018年2月 »

2011年1月

2011/01/27

文庫の棚がガラガラなのを見るといたたまれない気持ちになる

自宅の最寄り駅のそばには小さいながらも二軒の書店がある。

一軒はほんと狭くて、通路で人がすれ違うのもきついくらい。

もう一軒は、ほんのちょっとだけ広くて、かろうじてすれ違えるくらい。




立地的にはちょっとだけ広いほうがほぼ駅の真ん前で、

狭いほうは駅前の通りの並び。

駅からの距離や時間にすればほとんど違いはないけれど、

ちょっとだけ広くて駅の真ん前にあるお店のほうが、

立地的にも書店としての可能性的にも少し有利だと思う。




だけど、この「少し広いほう」のお店、

文庫の棚がガラガラなんだ。

スカスカを超えて、ガラガラ。

棚の半分は空きスペースになってる。

面出し陳列もしてるけど、その横ががらあき。

もしかしてそろそろ廃業ですかってくらい、ガラガラ。




コミックや雑誌の棚は、ちゃんと詰まってる。

もうひとつのお店より店内が広い分、

蔵書の量も多いように思う。

でも文庫の棚はひどい。




面出し陳列をまじえても、

こんなに空きスペースだらけの文庫棚を見ていると、

とても悲しい気持ちになってくる。

哀しいをとおり超えて、

なんかもう、

その場にいるのがいたたまれない気分になってくる。




だからけっきょく立ち読みもせず、

おもしろそうな文庫はないかと物色もせず、

なにも買わずに店を出る。

その足で、もうひとつの「狭いほう」の店へ。




この店はせまい。

なので蔵書量も物理的に限られる。

文庫の棚も、

棚自体の数は「広いほう」の店より少ない。

でも、棚全部がきっちり埋まってるんだ。

だからたぶん、文庫の蔵書量はこっちのが多い。




物理的制限があるから、

品ぞろえは限られる。

棚全部を端から眺めてみたけど、

新鮮な興味や驚きを感じることはめったにない。




でも、小さいながらも文庫の棚がちゃんとあって、

そこにせいいっぱいたくさんの文庫が詰まってるということが、

そういう棚を見ることが、

書店にわざわざいって棚を冷やかす楽しみなんだよな。




小売店にとって売り場はお客さんを楽しませる舞台。

書店にとって棚は舞台を彩る大道具や小道具。

なのに廃店寸前ですか?と思わせる棚を平気で見せる神経がわからない。

もしそこに疑問を感じないのだとしたら、

そんな「店」は、自分はいらない。




そして昨日も「狭いほう」のお店で本を一冊買ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2018年2月 »