« 楳図かずお『神の左手悪魔の右手』 | トップページ | 宮崎駿 『風の谷のナウシカ』 »

2019/12/25

逆説の使い方が気になる

逆説は、効果的に使えば文章の刺激となり、躍動感にもつながりますが、使い方が微妙だなぁと感じる文章に出合うことも少なくありません。たとえば次の文章も、自分には非常に微妙に感じられます。


ポーランド初のF1ドライバーとして2006年にBMWザウバーでF1デビューを飾ったクビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた。

だが、ロータス在籍時の2011年シーズン開幕前に参戦したラリーで大クラッシュを演じ、一時は選手生命を失ったかと思われていたクビサはそこから奇跡的とも言える復活を遂げ、2019年にウィリアムズから念願のF1復帰を果たした。

しかし、クビサは今年F1デビューを飾ったばかりのチームメートに対して予選全敗といいところがなく、1年限りでウィリアムズのシートを喪失。右腕に完治することのない障がいを抱えているクビサは、35歳という年齢もあり、もはや今後F1グリッドに並ぶことはないだろうと考えられている。

「ロバート・クビサはファイターだ」とレーシングポイントのオーナー:TopNews 2019年12月23日(月)19:59 pm
http://www.topnews.jp/2019/12/23/news/f1/187220.html


(1)「ポーランド初のF1ドライバーとして2006年にBMWザウバーでF1デビューを飾ったクビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた。」

というブロックと、

(2)「ロータス在籍時の2011年シーズン開幕前に参戦したラリーで大クラッシュを演じ、一時は選手生命を失ったかと思われていたクビサはそこから奇跡的とも言える復活を遂げ、2019年にウィリアムズから念願のF1復帰を果たした。」

というブロックが、「だが、」という逆説を表す接続詞でつながれています。

ブロック(1)から修飾的な要素を取り除き、核となる部分を端的に表すと、「クビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた」ということですね。

では、ブロック(2)はどうでしょうか。

ブロック(2)には、実際には核となる要素が2つ入っています。ひとつは「一時は選手生命を失ったかと思われていた」で、もうひとつは「念願のF1復帰を果たした」です。
この2つの要素は「失った」と「復帰を果たした」という逆説的な意味合いなので、この2つが「だが」などの逆説を表す接続詞でつながれていれば、おかしなことはありません。

しかしブロック(2)のなかには、逆説を表す接続詞は見当たりません。「失った」と「復帰を果たした」は「そこから」という継続的な意味合いを表す言葉でつなげられています。そのため、「失った」は「復帰を果たした」を修飾する要素と感じられます。
そうなると、ブロック(2)全体における核となる主張は「(クビサは、)念願のF1復帰を果たした」であるということになります。
そのため、ブロック(2)の冒頭にある「だが、」が気持ち悪く感じられてしまうわけです。

ブロック(1)の核とブロック(2)の核を「だが、」でつなげると、「クビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた。だが、念願のF1復帰を果たした」となります。
チャンピオン候補と目されていたが、復帰を果たした???
意味がわかりません。

F1復帰を果たすには、その前に、F1から離れている時期がなければなりません。そのことについての言及はブロック(2)前半の「失った」でされているのですが、ブロック(2)自体は「復帰を果たした」を示すことを主とした文章になっており、「失った」はあくまでも補足的な扱いです。ですから、ブロック(1)とブロック(2)を、そのまま「だが、」でつなげられると、非常に微妙に感じてしまいます。

この微妙さを解消するには、まずは、「失った」と「復帰を果たした」という逆説的な2つの要素をもつブロック(2)を、「失った」パートと「復帰を果たした」パートの2つの文に分けることだと思います。そのうえで、ブロック(1)とブロック(2)のうちの「失った」パートとを逆説でつなぎます。


ポーランド初のF1ドライバーとして2006年にBMWザウバーでF1デビューを飾ったクビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた。
だが、ロータス在籍時の2011年シーズン開幕前に参戦したラリーで大クラッシュを演じ、一時は選手生命を失ったかと思われていた。


これで、「チャンピオン候補と目されていた」と「選手生命を失ったかと思われていた」という逆の意味をもった文章をつなぐという、「だが、」という逆説を表す接続詞の本来の使い方となります。

さらにブロック(2)の後半の「復帰を果たした」は、「選手生命を失ったかと思われていた」とは逆説的な意味になりますので、ここも逆説を表す接続詞でつなぎます。


ポーランド初のF1ドライバーとして2006年にBMWザウバーでF1デビューを飾ったクビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていた。
だが、ロータス在籍時の2011年シーズン開幕前に参戦したラリーで大クラッシュを演じ、一時は選手生命を失ったかと思われていた。
しかし、そこから奇跡的とも言える復活を遂げ、2019年にウィリアムズから念願のF1復帰を果たした。


ここで問題が発生します。元の文のブロック(3)の頭は「しかし、クビサは今年~」です。そのため、このまま単純に並べると、


しかし、そこから奇跡的とも言える復活を遂げ、2019年にウィリアムズから念願のF1復帰を果たした。
しかし、クビサは今年F1デビューを飾ったばかりのチームメートに対して予選全敗といいところがなく、1年限りでウィリアムズのシートを喪失。


というように、同じ逆説の言葉で始まる文章が2回続いてしまうのです。
これは美しくありません。なにか言い換えを考えたくなります。

そこで、個々のブロックごとではなく、文章全体を見直してみることにしました。


ポーランド初のF1ドライバーとして2006年にBMWザウバーでF1デビューを飾ったクビサは、将来のF1チャンピオン候補と目されていたが、ロータス在籍時の2011年シーズン開幕前に参戦したラリーで大クラッシュを演じ、一時は選手生命を失ったかと思われていた。

だが、クビサはそこから奇跡的とも言える復活を遂げ、2019年にウィリアムズから念願のF1復帰を果たした。

しかし、クビサは今年F1デビューを飾ったばかりのチームメートに対して予選全敗といいところがなく、1年限りでウィリアムズのシートを喪失。右腕に完治することのない障がいを抱えているクビサは、35歳という年齢もあり、もはや今後F1グリッドに並ぶことはないだろうと考えられている。


これなら逆説の使い方に微妙さを感じずに済むように思うのですが、どうでしょうか。

|

« 楳図かずお『神の左手悪魔の右手』 | トップページ | 宮崎駿 『風の谷のナウシカ』 »

通りすがりの編集者ですが、ちょっと校正してもいいですか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楳図かずお『神の左手悪魔の右手』 | トップページ | 宮崎駿 『風の谷のナウシカ』 »