« libropensiero giapponeのKindleブック | トップページ | 樹園伊緒 『ポンコツ編集者の本づくり日記 Ⅱ: 本を「読者」に届けたい、だけどそこには険しい道がある』 »

2023/02/19

エクトール・マロ 『家なき子』

「同情するなら金をくれ!」のあれではなく、児童文学の古典のほう。タイトルは有名だけど、いままで読んだことがなかった。
ヴィタリス親方は、なんというか、気の毒な感じだったな。そしてカピは愛おしい。
レミの両親が誰かについては途中でなんとなく想像できたとおりの結末だった。ミステリーではなく児童文学なので、それでよし。




|

« libropensiero giapponeのKindleブック | トップページ | 樹園伊緒 『ポンコツ編集者の本づくり日記 Ⅱ: 本を「読者」に届けたい、だけどそこには険しい道がある』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« libropensiero giapponeのKindleブック | トップページ | 樹園伊緒 『ポンコツ編集者の本づくり日記 Ⅱ: 本を「読者」に届けたい、だけどそこには険しい道がある』 »