日記・コラム・つぶやき

2011/01/27

文庫の棚がガラガラなのを見るといたたまれない気持ちになる

自宅の最寄り駅のそばには小さいながらも二軒の書店がある。

一軒はほんと狭くて、通路で人がすれ違うのもきついくらい。

もう一軒は、ほんのちょっとだけ広くて、かろうじてすれ違えるくらい。




立地的にはちょっとだけ広いほうがほぼ駅の真ん前で、

狭いほうは駅前の通りの並び。

駅からの距離や時間にすればほとんど違いはないけれど、

ちょっとだけ広くて駅の真ん前にあるお店のほうが、

立地的にも書店としての可能性的にも少し有利だと思う。




だけど、この「少し広いほう」のお店、

文庫の棚がガラガラなんだ。

スカスカを超えて、ガラガラ。

棚の半分は空きスペースになってる。

面出し陳列もしてるけど、その横ががらあき。

もしかしてそろそろ廃業ですかってくらい、ガラガラ。




コミックや雑誌の棚は、ちゃんと詰まってる。

もうひとつのお店より店内が広い分、

蔵書の量も多いように思う。

でも文庫の棚はひどい。




面出し陳列をまじえても、

こんなに空きスペースだらけの文庫棚を見ていると、

とても悲しい気持ちになってくる。

哀しいをとおり超えて、

なんかもう、

その場にいるのがいたたまれない気分になってくる。




だからけっきょく立ち読みもせず、

おもしろそうな文庫はないかと物色もせず、

なにも買わずに店を出る。

その足で、もうひとつの「狭いほう」の店へ。




この店はせまい。

なので蔵書量も物理的に限られる。

文庫の棚も、

棚自体の数は「広いほう」の店より少ない。

でも、棚全部がきっちり埋まってるんだ。

だからたぶん、文庫の蔵書量はこっちのが多い。




物理的制限があるから、

品ぞろえは限られる。

棚全部を端から眺めてみたけど、

新鮮な興味や驚きを感じることはめったにない。




でも、小さいながらも文庫の棚がちゃんとあって、

そこにせいいっぱいたくさんの文庫が詰まってるということが、

そういう棚を見ることが、

書店にわざわざいって棚を冷やかす楽しみなんだよな。




小売店にとって売り場はお客さんを楽しませる舞台。

書店にとって棚は舞台を彩る大道具や小道具。

なのに廃店寸前ですか?と思わせる棚を平気で見せる神経がわからない。

もしそこに疑問を感じないのだとしたら、

そんな「店」は、自分はいらない。




そして昨日も「狭いほう」のお店で本を一冊買ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/22

すっきり分類できないものもあるわけで

いま、10月新刊になるかもしれない原稿をちょこちょこと整理してるところ。多数あるネタ(項目)をジャンルごとに分類して章分けし構成するタイプの本。

こういう本の場合、各章のボリュームバランスを見ながら入れる項目を考え、先に目次をある程度かためて、その目次に沿って原稿を書いてもらったほうが楽なのだけど、今回はとりあえず考えうる項目をできるだけ足したうえでネタとして面白そうなものをピックアップし全体の必要項目数まで絞ることを優先したため、ネタ数はあるのだけど章分けがほとんどできてないまま原稿執筆に入ってもらった。

そうして集まった項目原稿にある程度の「テーマ・ジャンル」タグをつけ、それをもとに現在、章分けをしているのだけど、そうすると、どうしても特定の章に項目が集中しすぎるというのが出てくる。そのたびにタグの付け替えをし、別の章分けができないかを考え、なんとなくそれぞれの章のボリュームバランスが取れそうなところまで来たのだけど、こういうやり方でつくるとたいていの場合発生する「どの章にも微妙にそぐわない項目」が、やっぱり発生しちゃった。

この項目だけで章ひとつですかみたいなやつを集めて無理やりなタグ付けをするか、微妙にそぐわないけどほんの少しかすってそうな章に無理やりつっこみタグ付けを微調整するか。なんかこんな作業、つい最近も別の原稿でやってたような気がする。

やはり先に目次が固まっているほうがのちの作業はいろいろ楽だ。でもおいらは、ごちゃ混ぜになってるものを分類し整理し並び順を考え組み立てていく作業が実はけっこう好きだったりもするんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

最初の寿司は八の字型に置く

カウンター席で寿司を頼むと、たいていの場合、握った寿司2貫をお客さんから見て\\の向きに、台に置いてくれる。これは、日本人には右利きが多く、右手でつまんで食べやすいように、という配慮からだそうだ。

でも、もちろんなかには左利きのお客さんもいる。\\向きの寿司を左手でつまむのは、ちょっとばかしやりにくい。だから職人さんは、お客さんが左利きだとわかったら、次からは//の向きに寿司を置くらしい。

なかには、さらに一歩進んで考えた職人さんもいて、いちばん最初の2貫は右手でも左手でも同程度に食べやすく同程度に食べにくいように、/\のかたちに提供する、という人もいるらしい。

\\向きで出すと左手では食べにくいから、本当は左利きだけど右手で食べる(食べようとする)お客さんがいる。寿司の向きのせいで本当は左利きなのに右手で食べ続けさせてしまっては、お客さんに申し訳ない。

ならば最初を/\のかたちで出せば、最初の1貫は利き手で寿司をつまむだろう。その瞬間を見逃さなければ、次からはどちら向きで出せばいいかがわかる――ということらしい。

自分もそういうところに敏感な人でありたいと思う。だけど自分は基本的な部分で他人や外に対する興味が薄く、もともと持っているポテンシャルが低い。それは自分でわかってる。だからこそ余計に、そういった部分に意識的でありたいと思う。

でも、鈍感なやつがかたちだけ敏感な人のまねをしても、けっきょく鈍感であることに変わりはない。

最初は/\のかたちに提供するという部分だけはまねできても、相手が本当に最初の1貫を利き手でつまんだのか、それともなんらかの理由で利き手ではないほうでつまんだのかを見極められるのは、敏感な人だけなんだ。

無神経で鈍感な自分は、たまたま相手がそのときは利き手じゃないほうで最初の寿司をつまんだことに気づかず、あぁこの人は左利きなんだと勝手に誤解をして、左利きの人に\\の向きで寿司を出し続けてしまうようなやつなんだ。

そういうことなんです。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/31

新刊ラジオで紹介されましたよ、「職場がツライ~」

なんだか仕事がぜんぜん終わりません。

5月刊『いいたいことがキチンと伝わる説明力の基本(仮)』はなんとか再校を出して著者さんに送り、それが戻ってくる前にと6月新刊『笑顔の職場のつくり方(仮)』の原稿整理を進めて、これもなんとか仮校正紙を出して...

などとアワアワやってる合間に今月新刊『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』がなんだか「新刊ラジオ」なるもので紹介されてました。

cover新刊JP提供新刊ラジオ
『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b55125.html

本の内容その他をDJさんがラジオ番組風に紹介してくれるんですが、なんか、音声で聞くと新鮮ですね。
しゃべっている内容自体は本の原稿で何回も読んだもののアレンジ程度+αなんだけど、やはり目で文字を追って頭の中で理解するのと、音で耳から聞いてイメージをつかむのとでは、感覚がずいぶん違う。

他社さんは新刊ラジオで紹介された音声ファイルを書店さんに配布したりして販促につなげているようだけど、うちはそういった「ちょっと工夫した販促手法」があまり上手じゃないよなぁ。
書店さんを訪問して棚に商品を補充してポップを立てて、という伝統的というか正当的というか、生真面目な営業はしっかりできるのだけど、多方面から多角的に販促手法を考えるというのは、あまり得意じゃない。
これは自分がまだ営業部員だった15年くらい前から変わってない気がします。

そういったことを考えたり、そうして考えたことを実行したりする、余裕がないんだよな。時間的に、金銭的に、体力的に。

さて、6月刊の仮校正紙も著者さんに送れたし、夏以降に発行予定の原稿にも手をつけなくちゃな。
その前に、4月の広告と5月の広告のプランを立てて準備をしなくちゃいけないし、5月刊の販促プランの検討と準備もしなくちゃいけないし、6月刊のタイトル案も考えなくちゃいけないし、まだしばらく一息つけないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

始まって進めて始めて

3月新刊『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』、アマゾンの在庫ステータスが「在庫あり」になりましたよー。予約注文してくださった方、おそらく明日くらいにはお手元に届くのではないかと思われまっす。ありがとうございまっす。

リアル書店さんのほうも、そろそろお店に並びだす頃です。首都圏なら明日あたりには並んでるでしょう。地方都市は明後日あたりかな。


実際の販売が始まって、制作担当的には、この本への関与は一段落です。営業さん、たくさん売ってね。

しかし自分自身の仕事に一段落はほとんどなく、今日は5月新刊の制作作業を進めてます。とりあえず最初の校正紙が出せたので、チェックをして、さっき著者さん宛に発送したところ。

そして5月刊の制作を進めながら、6月刊になるかもしれない次の原稿の制作準備も始めなくちゃいけません。

始まって進めて始めての繰り返し。いつまでたっても「終わり」がきません。

そういえば前職も24時間営業のレストランで「終わり」がなかった。

「終わり」のある仕事にあこがれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

どれもこれも中途半端なまま時は流れ

1月新刊の『人材育成の教科書』が、Amazonでは毎週100冊以上の出荷と非常によく売れてるのだけど、リアル書店ではもうひとつ伸びてこない。なので、ネット上にいるお客様候補をさらにAmazonに誘導するための手立てや、まだこの本の存在に気づいていないお客様候補への認知を進める手立てを考えたい。増刷もしたし、それをきっちり売り切るための方法や計画を考えたい。なのに...

3月新刊の『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』は明後日が見本出来で、来週には書店に並ぶ。この本がきちんと売れるために、ネット上での告知や、効果のありそうな媒体のチェック&ピックアップ、リリース作成、献本のための準備をじっくりしたい。営業にまかせて書店に置いてもらうだけでなく、自分ができる方法や計画を考えたい。なのに...

すでに5月新刊の制作が始まっている。これを滞りなくすすめることが制作担当としてのいまの優先事項。
そして、6月以降の発行を見越して、手元にある別の原稿にもそろそろ着手しなくちゃいけない。
さらに、冬以降の発行を見越して、新しい企画も考え、手配しなくちゃいけない。

すでに出てしまった本の販促フォローが中途半端なまま。
直近に出る本の販促フォロー準備が中途半端なまま。
5月新刊の制作作業も中途半端にすすんだまま。
手元にある別の原稿はざっと眺めただけ。
新しい企画なんて、なんにも浮かばない。

でもいまは、それよりも眠くてしかたがない。
もう少しがんばってはみるけれど、眠さに勝てる気がしない。
こんな自分でごめんなさい。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/28

犯人はこいつだ

3月新刊『「職場がツライ」を変える会話のチカラ(仮)』再校のあるページだけがどうしても印刷できない件。

犯人わかりました。

デザイナーさんです。

いや、違う。デザイナーさんはぜんぜん悪くない。

デザイナーさんの名前を表記するのに使った、「フォント」が引っ掛かってた。

犯人にたどり着くまで、さまざまな試行錯誤をしました。

扉に使っている図版が悪いのではないか。
でも、他の章の扉でもおなじものを同じように使ってるんだけどなぁ。

とりあえず、いったん削除し、あらためて貼り直してみる。
そして、印刷……。

やはり印刷されない。

もしや、このページのデータそのものがどこか壊れてしまったのかも。

ページ自体を削除し、新規につくりなおしてみる。
そして、印刷……。

やはり、出ない。
むむぅ。

もしや、引っかかってるのは扉じゃなくて、右側のページのほうか?
でも、右ページにあるのは文字だけで、引っかかりそうな要素はないんだけど。
フォントも、他のページでも使ってるものだけだし……。

それに、目次の最初から直前ページまではふつうに印刷できてる。
なのに、なぜ目次の最終ページだけ印刷できないんだ?
他のページとの違いはなんだ?
章のタイトルがあって、見出しがあって、見出しに対応しているページ番号があって……。

あ、デザイナーのクレジット!
これだけが、他のページにはない、このページだけのアイテム!!

でも、クレジットに使ってるPOPフォント、他のページで章タイトルに使ってるのとおなじだけどなぁ。
他のページは出てるけどなぁ。

だけど、可能性はここがいちばん高そう。
試しにクレジットのPOPフォントを変えてみる。
もっとも一般的な細ゴシックに。
そして、印刷……。

出ましたよー!

やっぱり、こいつだぁ。
この、ほんの数文字に使ったPOPフォントが悪さしてたんだぁ。

というわけで、デザイナーさんは別の「印刷できるフォント」で表示することにしました。
ちくしょう、原因解明に半日くらい使っちまったぜ。

しかし、なんで、あのフォントをあのページで使うと印刷できなくなっちゃうんだろう?
別のページでも使ってるフォントなのに。そのページは印刷できるのに。

不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/26

印刷できない

3月新刊『「職場がツライ」を変える会話のチカラ(仮)』の再校校正紙を出力したいのだけど、どうしても1ページだけ、印刷できないページがある。もくじのあとの、序章の扉ページなんだけど、そのページを印刷しようとするとQuarkXPressが固まってしまう。

なんで?

そのページには、図版が1枚とテキストボックスが1個あるだけ。まったく同じデザイン&アイテムでつくってある他の章の扉は印刷できるのに、どうして序章の扉だけ印刷できないの?

ちなみに社には、ハード的にも搭載アプリ的にも基本的にはおなじ構成のMacが2台あり、おなじひとつのプリンタにネットワークでつながっているのだけど、たぶんこのデータ、もう1台のほうのMacに持っていって出力すれば、きっと印刷できると思う。なんか、ときどきそういうことがあるんだよな、QuarkXPress。なので、あとで試してみる。

しかし、なぜ、おなじデータが、おなじ構成のはずのMacで、印刷できたりできなかったりするのかはわからん。いつまでもQuarkなんか使ってないで早くinDesignに換えろよという天からのお告げか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/19

電子書籍用に組み直さないのって、やっぱおかしいよね

だって、ウェブやBlog、メルマガなど「ディスプレイで読む用」に書かれた文章を「本」にするときは、「本で読む用」に編集・整形してるじゃん。そのままだと「本」としては読みにくいから。

だったら逆に、「本で読む用」に書かれた文章を「電子ブック」にするときは、「ディスプレイで読む用」に編集・整形しなおすべきじゃないの? だって、そのままだと「電子ブック」として読みにくくはない?

本が縦書きだからって、電子ブックも縦書きであるべきとは思わない。むしろ横書きのほうが、ディスプレイ上では読みやすいかもしれない。

紙面では太字処理で強調しているところも、そのまま太字処理するよりは、むしろ改行や空き行を上手に使って強調したほうが、ディスプレイ上ではイメージを把握しやすいかもしれない。

ディスプレイで読んだときに読みやすい・見やすい「文章の組み方」って、紙上でのやり方とは違うはず。ディスプレイのサイズや表示フォントのサイズで「見え方」が変わってくる可能性が高いのだから、それを前提にした「組み方」が必要なはず。

そういう処理をせず、単純に「いまある本のデータを電子ブック化」しても、きっとユーザーにとって使いやすい・読みやすい電子ブックにはならないよな。

なんてことを考えてたら今日も仕事が滞りました。いまから巻き返し!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/15

本のイメージをそのまま電子ブックにする必要はないんじゃないか

(1月15日に書いたものとおなじです。題名だけ変えました)

ありがたいことに、うちの本をモバイルで配信したいといってくださる会社さんがありまして。

電子ブックとかオーディオブックとか、本をデジタル化することにうちの会社はめっちゃうとくて、自社でデジタル化するなんてことが可能になるのはいったい何年先の話だ?みたいな状況なので、こういうお話はとてもありがたい。

そんなわけで、先方からご希望のあったもの&こちらからのご提案を受けてくださったものの、いくつかの商品のDTPデータを先方さんにお渡しし、先方さんで携帯電話で読めるかたちにデータを変換していただき、携帯配信サイトへの登録等もしていただきと、ほとんど全部丸投げしたわけで。

その配信がどうやら、始まったらしい。そのデータが保存されてる携帯電話で画面を見せてもらったのだけど、本文はもちろん、図版も紙の本とおなじものがそのまま見られるし、見出しまわりのアイコンなどもかなり忠実に配置されてて、すごいなぁと思った。

うん。「紙面」のイメージそのままをかなり上手に「携帯電話で読めるデータ」に変換してある。

でもね、思うんだ。

紙面のイメージは、紙の本で読んだときに読みやすかったり、紙面の特定の場所に視線を集めたりを目的につくってる。それをそのままデータ変換しても、携帯電話で読んで読みやすかったり、画面の特定の場所に視線を集めることができたりは、しないよね。

紙面で見たときの見やすさ・読みやすさと、画面で見たときの見やすさ・読みやすさは、違うはず。なのに、紙面のイメージをそのまま損なわず電子化することにこだわるのって、違うんじゃないかと思うんだ。

モバイル版にしろ別のものにしろ、電子ブックをつくるなら、電子ブック用に本文の組み直しが必要なんじゃないか。改行の入れ方とか、空き行の使い方とか、紙で読む文章とディスプレイで読む文章では、ぜんぜん違うじゃん。その違いを気にせず、あるいは無視して、紙の本そのままの組みを電子化するのは、つくり手側の怠慢かなぁと思ったり。読み手に対する愛情が足りない作業かなぁと。

それでいうと、紙の本をつくるための組版ソフトでつくったデータから電子ブックへとコンバートしなくちゃいけない理由っていうのも、実はないのかもという気がしてくる。紙に印刷することなく、最初からディスプレイで読まれることを想定するなら、たとえばそれを意識しながらOpenOfficeのワープロソフトとかでレイアウトを作成し、そのままPDFとかに吐き出すのでもいいんじゃないか。それで充分に「電子ブック」としての要件を満たせるんじゃないか。そんな気がしてくる。

もし、読み手の側がそれで充分だと感じるなら、現在販売されているAcrobatが使えない古いMacと古いQuarkXPressしかないうちの会社でも、自社でPDF化はできるなぁ。印刷用のデータからテキストをとりだして、OpenOfficeに流し込めばいいだけだから。あとは改行・空き行を増やして、見出しや小見出しのフォントを少しいじるだけ。「見開きでのデザインの印象」とか、あまり関係ないものね。

などということをつらつら考えてるうちに仕事が滞った今日の午後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧