売れてますっ!

2009/04/24

ちょっと泣いてもいいですか

4月新刊のカバー写真『一流芸能人がやっている ウケる会話術』(Amazonで買う)(楽天ブックスで買う)が増刷になりましたーーーーーーーーーーーっっっっっ!

発売になってから、まだ1カ月も経ってなかとですよ。
うぅ。おっちゃん、嬉しくて涙が出るよ。
少し泣いてもよかですか。

ウェブ系とかコンサルとかで有名な著者さんじゃないためか新刊予約の注文数も上がらず、ゆえに初版部数も抑えめに設定され、新刊なのに今月の日経新聞の大きな広告(5段2分の1サイズ、通称「半五」)にも載せてもらえず、いいんだいいんだひっそりと地道に売っていくんだだから泣かないよボクだってこの本おもしろいんだもんカバーだってタイトルだってポップで上手にできたと思うし内容だってイケテルよだから頑張るもん!と思いながら孤独をかみしめていたのですが、発行したその月の内に増刷!

ディズニー関係とか、著者さんが著名人とか、著者さんがお金持ちで大掛かりなキャンペーンを張れる、とかであれば発行してすぐに増刷になることもあるけれど、いわば普通の企画で、普通の著者さんで、派手なキャンペーンもない本が、本そのものの持つ力できちんと売れて増刷になるなんて、ほんと、ひさしぶりだよ。

うっうっ(嬉し泣き)。
ありがとう、お客さん。
ありがとう、書店さん。
ありがとう、著者さん。
ありがとう、本。

この本を読むとね、「なるほど、たしかに爆笑問題はこういう話法を使ってるな」みたいなのが実感としてわかる。仕切りのあまり上手ではない司会者とかを見ると「島田紳助さんなら、きっとここでこういうふうに仕切るのだろうな」というのが見えてきたりする。自分の会話力を上げることが目的の本だけど、もっと野次馬的に「芸能人の話法」を分析して楽しむような目的にも使えるのよん。

ご興味をお持ちになった方、「こう書房“未公認”ホームページ new!」で内容の立ち読みが少しできますよ。それに、もう少ししたらきっとAmazonのなか見!検索にも登録されるはず。ぜひぜひ見て見て。




そしてもう1点。カバー写真
『ディズニーランドが教えてくれた「お客様を大切に想う気持ち」』
(Amazonで買う)(楽天ブックスで買う)も増刷になりました。

この本の発行は今年1月だから、発行されてまだ4カ月。でも今回の増刷は第5刷です。つまり、毎月1回以上の増刷が続いてるのよ。

うっうっ、嬉しいよぉ。
もいちど泣いてもよかですか。

子供のころからのディズニーランドファンで、のちにディズニーランドのキャスト(従業員)となった加賀屋さん。しかも日本だけでなくアメリカのディズニーランドでも働いたことがある。日本とアメリカの両方でスプラッシュ・マウンテンのアトラクションキャストを経験した数少ない(もしかしたら唯一の?)日本人。

キャストをやめたあともゲスト(お客さん)として毎週のようにディズニーランドに通い続け、いまも本当にディズニーランドが大好きな加賀屋さんが、お客さんの立場でキャストさんから受けた心あたたまるサービスを紹介してくれました。

なぜ加賀屋さんはこんなにもディズニーランドが好きなのか。それは、ディズニーランドには「お客さんのことを大切に想う気持ち」があふれているから。そしてその「気持ち」がいろいろなかたちで表現されているから。

「いま目の前にいるお客様のためにできるベストのことはなにかを考える」

その気持ちが伝わって笑顔になった瞬間を、あなたも感じてみませんか。

そして、そうした「気持ち」を持ち、お客さんに発揮できるのは、ディズニーランドだけではないことにも、気づいていただけたらと思います。

ところで、どこかのブログかなにかで、この本について「盗作疑惑が持ち上がっている」といった誤った記載がされているのを見かけました。

それ、この本じゃありませんからーーーーーーーーーーー。
違う出版社さんの、違う本ですからーーーーーーーーーーー。
そこんとこ、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

年末年始の奇跡?


初版発行から4ヶ月が経過したカバー写真『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)ですが、まだしぶとく売れ続けています。素晴らしい(自分でいうな)。

とはいえ、さすがに少しずつ勢いは収まりつつある様子... と思ったら?

会社が冬季休業をしていたこの年末年始の約1週間ほどのあいだに、なぜかこの本がバカ売れした書店さんがあったのでした。

札幌の弘栄堂書店(のアピア店だったかな)さん!
なんと年末年始に30冊完売!

こちらのお店を担当している当社営業部Kさんによりますと、こちらの書店さんにおける当社商品全体の1ヶ月の販売数が平均してだいたい30冊程度なんだそうです。

なのになのに、

『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』単品で30冊!
しかも年末年始の1週間で!!

いったいなにがあったのでしょうか?

さらに!

新宿の福家書店サブナード店さんは発売以来、ずっとこの本をたくさん売り続けてくださっているのですが(週に15冊~20冊くらいのペースで売れてるらしい。トレメンダス!)、やっぱりこの年末年始にいつも以上に売れたそうです。1月7日付のKさんの営業日報情報によると、現在、

文芸書ランキングで3位!!

なのだそうです。発売からもう4箇月も経つのに。
ていうか、この本って「文芸書」扱いだったんだ。

なんだかよくわかりませんが、冬休み期間中に急激に盛り上がった『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』

そちらのお店の在庫は大丈夫ですか?→書店様
お役に立ちましたか?→買ってくださったお客様
ちょっと読んでみたい気持ちになってきましたか?→まだ読んでいらっしゃらない方

まもなく最新第7刷もできあがってきます。この機会に、ぜひっ!!





====================

続きを読む "年末年始の奇跡?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

ブックエキスプレス・チェーンで500冊以上売れました!


9月の発売以来、好調に売れているカバー写真『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)。おかげさまで、すでに5回の増刷をしました(最新版は2008年1月20日発行の第6刷)。

多くのお店で「よく売れているよ」といっていただいております。とくに、繁華街に近いお店や、女性のお客様が多いお店での動きが良いようです。また、ビジネス書の棚よりも、女性エッセーの棚のほうがよく売れるとも聞いております。

そのなかでもすごいのが、ブックエキスプレスという書店チェーンさん。ほとんどが駅改札内にあり、お店の規模的にはそんなに広くないのですが、とてもよく売れてます。営業部のKさんが実売データを見せてくれたのですが、チェーンのなかでもとくに有力な12店での合計で

実売冊数500冊を突破!

発売から3か月の、この本単品での実績ですよ。

なかでもすごいのが、新宿南口店さんとディラ上野店さん。新宿南口店さんは100冊、ディラ上野店さんも80冊以上の実売が出ています。

また、ディラ東京店さん、ディラ品川店さん、渋谷店さんもそれぞれ50冊超の実売。

スゲーよスゲーよ。

ブックエキスプレスさん、たくさん売ってくださってありがとう。もっともっと売ってください(笑)。

そしてブックエキスプレスさんで本を買ってくださったお客様、ご購入ありがとうございました。その本を楽しんでいただけたでしょうか。内容はお役に立ちましたでしょうか。

ランキング操作(*1)も広告費の大量投入(*2)もウェブ等でのクチコミの仕掛け(*3)も大量の著者ファンによる人的ネットワーク購入(*4)もない、いまどきめずらしい(^^;)「本のちからと、書店さんのちからと、読者さんのちから」だけでベストセラーになった本です。

だから、よけいに嬉しいんです。

(*1)書店等の発表する「ベストセラーランキング」は、純粋な「売れ行き順位」であるとはかぎりません。いくつかのランキングでは、「順位を買う」ことができるのです。
(*2)広告費をかけたほうが本が売れる確率は高くなりますが、出版社のほとんどは貧乏なので、めったに大量投入はできません。「この出版社にしてはやけにこの本の広告が多いな」というときはたいてい、著者さんがお金持ちで、広告費を出してくれてたりします。
(*3)ネット上で認知度のある著者さんの場合、そのファンの方に積極的にご自分のBlog等で書籍の告知や紹介をしてもらったり、Amazonレビューの書き込みをお願いしたりすることがあります。
(*4)ヴァーチャルおよびリアルで人的ネットワークを持っていたり、過去の実績からすでに多くのファンがついているような著者さんの場合、そのファンの方による集中的な購買が期待できたりします。




====================

続きを読む "ブックエキスプレス・チェーンで500冊以上売れました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/23

「本来の棚」でないところでも売ってくださりありがとう

カバー写真『サービスマインドをたかめる物語』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)がですね、おかげさまで新宿の紀伊國屋本店さんで売れ行きが好調なのです。営業部Kさんの日報に書いてありました。

さて、紀伊國屋本店さんといえば、とっても大きな書店さんです。そこで売られている本は、細かくジャンル分けされ、ジャンルごとに棚に入れられ、展示販売されています。大雑把に「ビジネス書」とひとくくりできる本でも、「独立・起業」だとか「自己啓発」だとか「リーダー・管理者もの」だとか「経営」だとか「セールス」だとかその他もろもろにジャンル分けされ、それぞれのジャンルを扱った棚で売られます。

ここで問題です。Kさんの日報に「売れ行き好調!」と書かれたこの本、紀伊國屋さんのどこの棚で売られているでしょうか?

チッチッチッチッチ.... はい、時間切れ。

この本は、タイトルからもわかるとおり、いわゆる「ビジネス書」で、多くの書店さんではビジネス書のなかの「接客・サービス」などに関連した棚で売っていただいているようです。また、レストランを舞台にした読み物じたてになっていることもあり、「飲食店の経営・運営」に関連した棚に入ることもあるようです。

ビジネス書ジャンルの「接客・サービス」や「飲食店の経営・運営」に関した棚。これがいわば、この本にとっての「本来の棚」です。紀伊國屋本店さんでも、こうした棚で主に売られています。

ところがところが、Kさんが日報で「売れ行き好調!」と報告しているのは、実はこうした「本来の棚」での売れ行きのことではないのです。

6階の「料理」のコーナー。

そうです、ビジネス書コーナーではない、いわゆる一般書・実用書などと呼ばれるジャンルのなかの「料理」に関係した本を展示・販売するコーナーで、この『サービスマインドをたかめる物語』がよく売れているというのです。最近ではむしろ、ビジネス書コーナーでよりも料理書コーナーでのほうが売れているかもしれないくらいに。

この本は、レストランを舞台に、従業員がいかにして「接客サービスの心」を大切に育むか、というのが大きなテーマになっています。ですので、サービス業、接客業に従事する人のなかでも、とくに飲食業のホールで働いている人にもっともアピールしやすいないようだと思います。

飲食業関係のビジネス書は、主にビジネス書の棚にコーナーがあり、そこで売られることが大半です。そして、そういうコーナーに置かれる本の多くは、独立開業のしかただったり、コンサルティング的な立場からのメニューづくりを解説したものだったり、店舗運営マネジメントに関する実務書だったりします。

もちろん、そういう本は大切ですし、そういう本に対する需要もあります。これからお店を始めたい人は独立開業の本を読むでしょうし、すでに店舗経営・運営をしている人はマネジメントやメニューのABC分析に関した本なども読むでしょう。

でもね、実際に現場で働いている人が、そういう本を展示してある棚にどのくらいの頻度で行くかというと、そんなに高くないと思うわけです。独立開業の本も、マネジメントやABC分析の本も、ある特定の時期に集中して棚前に行き商品を物色しめぼしいものを購入したら、その後はめったに来ない、ほとんどこないんじゃないかと。

ところが、料理本のコーナー。

お客様に飽きられないレストランであるために重要であるけれどとくに個人店・小規模店にとっては難しくたいへんであることのひとつが、メニュー改訂なんです。新メニューを開発し、既存メニューの一部と入れ替える。それを定期的に、できれば年4回、季節ごとに行なう。これってすごく大切です。

だけど、難しいんですよ。新しい料理のアイデアをひねり出すのって。

そこで、多くの個人店はどうするか。料理本のコーナーに行くんです。料理関係の雑誌を見たり、さまざまな料理のレシピが掲載されている本を読んだり。「自店でこれまであまり出したことがないような料理」が載ってそうな本を、定期的に見るわけです。そうすることで他店での人気メニューや最近のヒットメニューの傾向などを感じていくわけですね。

だから、「料理書」のコーナーにはけっこう頻繁に訪れるようです。飲食店従事者の方が。おそらく、ビジネス書ジャンルの「飲食店」コーナーよりも何倍も頻繁に。そしてこの『サービスマインドをたかめる物語』は、飲食店従事者の方にもっともアピールするであろう本なわけです。なので紀伊國屋さんでもきっと、料理書コーナーでの売れ行きがとてもいいのでしょう。

目的外とは少し違う、「ついで」買い。別の目的である場所へ行ったら、目的のものとはあまり関係ないけど「自分にとって興味のあるもの」がその場書に置いてあったので、ついでに手にしてしまった、みたいな感じでしょうか。

「目的」で分類するのは大切だけど、それを必要としたり興味を持っている「人の集合」で分類するのも、けっこう大切なんだよね。それを理解し、「本来の棚」でない場所にも置いてくれた紀伊國屋本店さんに感謝。そしてたぶん、それを紀伊國屋さんにすすめてくれたのであろう営業部Kさんにも感謝。そしてもちろん、この本の存在に気づいて買ってくださったお客様にもメガ感謝。





====================

まもなく増刷が刷り上ってきます!

女性向けエッセイ書のコーナーでとてもよく売れてるようです。
若いOLさんや女子学生さんなども買ってくださっているらしい。


カバー写真
『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う





続きを読む "「本来の棚」でないところでも売ってくださりありがとう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

ひさしぶりに出足好調です! うれしいよぉ~(ToT)


ここ1年ほど、内容・クオリティはともかく、セールス的になかなかいい感触を得られる新刊がつくれなかったおいらですが、今月新刊の

カバー写真『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う

はひさしぶりに、出足好調ですぅ。よかったよぉ~。

もう、ほんと、自分で企画を立てるのはやめようかと、製作スタッフに特化して物理的な製作作業だけをしていたほうが従業員として会社の役に立つんじゃないかと、真剣に思っていたのですよ。おいらにゃ「売れる本」はつくれんと。

そんななかで営業部から受けた「出足、なかなかいいっすよ!」報告ですからねぇ。おっちゃんうれしくって涙が出てくるよ。

そんなわけで、本を買ってくださったみなさん、あいらぶゆぅ~。

それと、すでに追加の注文を出してくださった新橋の文教堂さん、丸の内の丸善さん、新宿南口のBXさん(てどこだ?)、上野の蔦屋さん、秋葉原の有隣堂さん、ありがとぅっ!
新宿の紀伊國屋本店さんでも好スタートと聞いてます。きっと追加注文を出してくださいますよね。ね、ね?
Amazonでの現在の順位はっと... 6800位か。3桁にまでいってくれるといいなぁ。

読んでくださった方がBlogにコメントを書いてくださっています!

今日のデザート読書:『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』
「デリヘルの経済学」著者・モリコウスケ 公式ブログ 売れっ娘ホステスの会話術
「デリヘルの経済学」著者・モリコウスケ 公式ブログ 本日のことば

ありがとうありがとう。

ちなみに、この本の著者さんで、現役のイケメン黒服さんのBlogはここ。
銀座の水商売黒服が、貴女を変心させるブログ

本のまえがきや目次、本文の立ち読み版などは「こう書房“未公認”ホームページ new!」にありますよー。ちぇけらっ!

書店さん、うちの本を丁寧かつ大切に売ってくださり、ありがとう!
読者さん、うちの本を買ってくださり、ほんとにありがとう!




続きを読む "ひさしぶりに出足好調です! うれしいよぉ~(ToT)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/27

文教堂書店さんで売上2位!


やっははぁ~!
2位ですよ、2位!
文教堂書店さんの「ビジネス書:週間ランキング」(2007年6月18日~24日)で、

カバー写真『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった II 《熱い気持ち編》』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う

が2位にはいりましたー!
パチパチパチパチパチパチパチ。

証拠写真↓

Disiibunkyodo2ndplace

うふふふぅ~。



続きを読む "文教堂書店さんで売上2位!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/14

新宿エリアでもなぜだか急上昇中らしい

カバー写真最近、池袋周辺の書店さんでなぜだか急に実売数大幅アップになっているらしい『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)ですが、どうやら新宿地区でも同様の状況が起きているらしい。営業部Kさんが、新宿の某大型有力書店K伊國屋さん(伏字に意味なし)で「なにか、出版社のほうで仕掛けたの?」とたずねられるくらいに、売れているそうだ(ちなみに営業部Kさんは「本そのものの持ってる力ですよ」と答えて失笑されたらしい ^^;)。

買ってくださっているのは学生さん風の若い方が多いらしく、メールマガジンのようなものを見せられて「この本ありますか?」と聞かれた書店員さんもいるらしい。

なんだなんだ? いったいなにがあったんだ?






====================

今年入社の新入社員さんも、そろそろ新入社員研修が終わり、各部署への配属勤務が始まるころですね。銀行などの金融業に入社し、投資信託や個人年金といった金融商品を販売する「預かり資産セールス」部門に配属された方もたくさんいることでしょう。

そんな新人金融セールスパーソンの方々にきっと役立つのが、この本。預かり資産セールスで成果をあげているトップセールスたちが、この仕事で成功するために必ずしていることをステップを追って解説しました。

幅広い業種の「セールス一般」についてのノウハウ書ではなく、預かり資産セールス・窓販に特化した、金融セールスパーソンのためのセールスノウハウ書。

新人さんは「成績アップのためのよき参考書」として、新人さんを指導する中堅さんには「新人トレーニングの際のよいテキスト」として、きっと役立てていただけると思いますよん。

書店さん、「新入社員フェア」等のヴァリエーションとしてぜひ「祝・配属決定フェア」を企画し、各業務の入門書などを集めるというのはいかがでしょう? そんで、金融業の新人営業職向けにはぜひこの本をよろしくでっす。

カバー写真『投信・個人年金セールス実践マニュアル』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)






====================

カバー写真『社会人のための読解力トレーニング』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)売れ行き順調ですよー。
東京・三鷹の啓文堂さん、同じく東京・吉祥寺の啓文堂さんで良好に売れていて、追加の注文も出してくださったらしい。よっしゃよっしゃ。

【問題】「次のそれぞれの文を読んで主観的な記述、客観的な記述とに分けてください」
1 私は35歳です。
2 この本はとても面白い。
3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。

【解説】
1 私は35歳です。
「私」が「35歳」であることは、相手が誰であっても変わらない事実ですよね。(中略)したがって、これは典型的な客観的な文章。

2 この本はとても面白い。
これは逆に典型的な主観的な文章。だって、面白いと感じるかどうかは人によって違うわけです。何をもって面白いとするのかの基準も人それぞれ。したがって主観的。

3 91年のルマン24時間自動車レースではマツダ車が総合優勝した。
これは歴史的な事実です。歴史的な事実といっても大昔ならば記述の信憑性を疑うこともできますが、1991年とほんの数十年前のことですし、政治的に真実が隠される必要もないようなものですから、客観的といって間違いないでしょう。

4 85年のプロ野球ペナントレースで阪神タイガースは圧倒的な強さで優勝した。
3が客観的なら、この4も同じ理由で客観的なような気がします。ところが……

さぁ、「ところが……」のあとにはどんな解説が続くのか、そしてこの文章は主観的なものなのか客観的なものなのか??
答えは、




教えてあげないよ。ジャン。




答えが気になっちゃった人はぜひ、この本を読んでみよー。
答えがわかった方、ここでばらさないでくださいねー。




続きを読む "新宿エリアでもなぜだか急上昇中らしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

千代田書店さんで売上ランキング4位!

カバー写真なんか、ひさしぶりに風邪を引いたようで、少し熱が出たり、ときおり胃が痛かったりする今日この頃ですが、皆様はお元気でいらっしゃいますでしょうか。おいらのほうはといえば、とりあえず風邪薬と胃薬をゲットしたので、じきに治ることでしょうが、それよりも、それよりもっ嬉しい発見!!

今月新刊の『投信・個人年金セールス実践マニュアル』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)がっ、東京は茅場町にある千代田書店さんの週間売上ランキング(12/14更新分)で4位に入ってましたーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!


Chiyodabooksranking_2
(千代田書店さんのサイトからキャプチャしました)

この本ね、読者対象が思いっきり絞られていますから、初版部数も絞り気味だし、とん屋さんへの委託部数もかなり絞り気味なんですよ。端的にいえば、

一般の書店さんじゃ、たいして売れんだろ

といった感じなのよ。

ま、そういわれればそうなのだけど、そのかわり、いや、その分、金融業関連にお勤めの方が多く来店される書店さんなど、ピンポイントでしっかりと売れてくれるはずだ、売れるに違いない、売れてちょーだい、売れなきゃや~よ、てな感じで動向を見守っていたのですよ。

そんななかに飛び込んできた「茅場町の千代田書店さんでランキング4位!」という情報。茅場町といえば日本のウォール街・兜町のすぐそば。やはり金融関係の方がたくさん訪れるお店では、しっかりキッパリすっきりと売れるのだな、この本は。

全国の「来店されるお客さんに金融関係の方が多い書店」の皆々様、お店の在庫は大丈夫ですか? この『投信・個人年金セールス実践マニュアル』、金融関連業界で投資信託や個人年金などを販売している「預かり資産営業スタッフ」の方々(とくに新人さん)や、リテール金融をめざす学生さんなどに最適かつ実際にご好評いただいておりますよ。

「うちのお客さんは金融関係の人が多いんだよなぁ」というそこの書店さん! 類書がないからコーナーもないしと棚のすみにひっそり刺しておくよりも、思い切って目立つ場所に面陳・平積みなどいかがでしょう? もともと初版が絞り気味なので、うかうかしてるとすぐに在庫がなくなっちゃうかも。ご注文はおはやめに(笑)。

なお、先週金曜日(12月15日)の『ニッキン』(日本金融通信社発行の金融総合専門紙)に、この本の書評が掲載されました(ニッキンさん、ありがとうございます)。転載しますね。

~~~~~~~~~~
銀行や証券のコンサルティング営業スタッフには必携の書。投資型運用商品のトップセールスの人たちが、顧客に対して共通して行なっているプロセスを6段階に分けて解説する。顧客を見つけ、親しくなり、ニーズを引き出し、成約に結びつける流れを29のルールでまとめた。また、観察力や質問力、自己啓発力など身につけたいスキルも紹介する。
(『ニッキン』2006年12月15日号より)
~~~~~~~~~~

この本のメイン・ターゲットである金融関連業界従事者の多くが読んでいるという『ニッキン』。ここから一気に業界内で盛り上がってくれるといいな。全国の書店様もぜひ、盛り上がりに対応できるよう、ご準備を(笑)。

続きを読む "千代田書店さんで売上ランキング4位!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

書店さんで売れてます!報告

営業部が書いている「営業日報」から、売れてるよ報告があったものをご紹介。

カバー写真『ちょっとの「気づき」であなたが変わる・仕事が変わる』(本の詳細はこちらから)
大塚のあおい書店さんで売れてます。まずまずの売れ行きです。
千葉のキディランドさんでもコツコツと売れています。

発行からもう3年近く経つ本です。新刊時には、残念ながら、あまりパッとした売れ方をしませんでした。
でも、そういう本でも「この本には、実はもっと売れる潜在能力があるんだ、もっと売れるはずなんだ」と信じて、タイミングを見て平積みを書店さんに提案してくれたりする営業部のKさんは、ほんとにいいやつだ。
そして、Kさんの提案を受けて店頭の目につくところに置いてくださった、あおい書店さんとキディランドさんは、ほんとにいい書店さんだ(^^)。もちろん、書店さんと営業部Kさんとのあいだに信頼関係があってのことだと思いますけれど。
その結果、再度お客さんの目にとまるところに置かれたこの本が、ゆっくりながらも動いているのが、きちんと買っていただけているというのが、ほんとに嬉しい。
そう。これ、とってもいい本なんですよ。いまのビジネスやサービスなどにとって非常に大切なキーワード「気づき」をテーマに、いかにしたら「気づき」をたくさん得られる自分になれるか、「気づき」のヒントはどこにあるか、といったことを、優しい口調で語ってくれているのです。
もしかしたら、発行したのが少し早すぎたのかもしれない。「気づき」というキーワードは、いまのほうがもっと広く認知され、受け入れられているのかもしれない。そういったところにピピッと反応し、うもれた既刊良書を表舞台にあらためて据えてくれたKさんと書店さんに、そしてもちろん、買ってくださる読者さんに、最大限の感謝!


書店さん、うちの本を丁寧かつ大切に売ってくださり、ありがとう!
読者さん、うちの本を買ってくださり、ほんとにありがとう!


====================
《新刊プレゼントやってます》

「本を読んで新刊ゲット!」プレゼントやってます。今月のプレゼント書籍はこちら。

☆好かれる人の魔法の言葉
  島田宣子 / 定価1260円
☆公立の中学・高校から東大へ行こう!
  滝田大+滝田洋子 / 定価1365円
新入社員が劇的に成長する3か月プログラム
  中尾ゆうすけ / 定価1470円

応募方法等はこちらをご覧くださいね。今回の応募期間は6月25日(日)まで。エントリー、お待ちしてます。


====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

6月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   6月12日(月)
中国新聞   6月12日(月)
中日新聞   6月13日(火)
西日本新聞  6月13日(火)
神戸新聞   6月13日(火)
東京新聞   6月14日(水)
北海道新聞  6月14日(水)
(明細)
★新トヨタ主義の秘密
★集中力がいい人生をつくる
★飲食店の店長&経営者 これができなければ務まらない


書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/20

書店さんで売れてます!報告


営業部が書いている「営業日報」から、売れてるよ報告があったものをご紹介。

カバー写真『派遣労働法便利事典』(本の詳細はこちらから)
渋谷のブックファーストさんで売れてます。良好な売れ行きです。

労働法関連の本は他社さんも含めてたくさん発行されているのですが、労働者派遣法に絞った本というのはあまり類書がないようです。いちばん最初の版が発行されたのはずいぶん前ですが、何度も内容を修正しながら増刷し、途中でカバーを替えて改訂版にし、さらに増刷しと、長く売れ続けているロングセラーになっています。


カバー写真『パート・派遣・契約社員の労働法便利事典』(本の詳細はこちらから)
渋谷のブックファーストさんで売れてます。良好な売れ行きです。渋谷という土地柄、そして、大きくておしゃれな印象のあるブックファーストさんと、こういった地味なタイプの本って、なんだかあまりあわなそうな気がするのですが、良好に売れちゃってるところがすごいです。というか、ありがたいです。ブックファーストさんの力でしょうか。

こちらは、いわゆる正社員以外の労働者(「非正規雇用者」などと呼んだりするようです)に焦点を絞った労働法の解説書。『派遣労働法便利事典』と同様に、増刷を重ね、カバーを替えて改訂版にし、さらに増刷が続いているロングセラーです。


カバー写真『おいしい定年後の年金・保険・税金マニュアル』(本の詳細はこちらから)
池袋の旭屋さんで売れてます。好調な売れ行きです。

定番ロングセラーのこの本も、オリジナル版の初版発行は1999年。その後、増刷・改訂を何度か経て、2004年にはカバーを替えた新装版となりました。もちろん、その後も増刷が続いています。ポイントだけをざっくりと、軽妙でわかりやすい口調で解説してあると、多くの読者さんにお褒めいただいています。


カバー写真『小さな飲食店 お客のココロをガッチリつかむ法』(本の詳細はこちらから)
渋谷のツタヤさんで売れてます。営業部の日報には「動きが良い」と書いてあります。

この本には、目先の売上・客数アップにとらわれた小手先のテクニックは書いてありません。もっと長い目で、確実にお客さんに愛され繁栄を続けられるお店になるための方法、そして「サービス業」としての飲食店の考え方や行動のしかた、といったことが書かれています。その点が他の「飲食店で大繁盛」系書籍とは違う、この本の特徴です。サービスマインドを大切にして飲食業で働いている・働きたい人に、ぜひ読んでいただきたい。逆にいえば、その場が儲かればOK、たかが食い物屋だろ、などといった考えをお持ちの方には合わないと思いますので、読まなくてもいいです。


カバー写真『その「敬語・マナー」は間違いです』(本の詳細はこちらから)
北千住の東武ブックス南店さんで売れてます。順調な売れ行きです。

世の中に「敬語・マナー」を扱った本はたくさんありますが、これはちょっと変わった本です。「敬語とは? マナーとは?」といった基本的な解説はもちろんありますが、本の大部分を占めるのは、ビジネスの現場で実際にあった「敬語・マナーで大失敗」事例。世の中では、いろいろな人たちが、いろいろな失敗をしているのです。それを読み、いったいなぜこれが失敗だといえるのか、どうすればよかったのか、といったことを解説するというスタイル。「人の振り見て我が振り直せ」系というのが本意ですが、もっと気楽に「他人の失敗笑い飛ばせ」系と考えて読んでいただいても楽しいかと思います。欄外のひとことネタ?(じゃないですよ。実際にあったことです)も脱力できます(←違うだろっ!)。


書店さん、うちの本を丁寧かつ大切に売ってくださり、ありがとう!
読者さん、うちの本を買ってくださり、ほんとにありがとう!


====================
《新刊プレゼントやってます》

「本を読んで新刊ゲット!」プレゼントやってます。今月のプレゼント書籍はこちら。

☆TOEICテスト 解いて覚える英単語と英熟語
  川村一代 / 定価1365円
☆トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった
  江草三四朗 / 定価1365円


応募方法等はこちらをご覧くださいね。今回の応募期間は4月25日(火)まで。エントリー、お待ちしてます。


====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

4月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   4月7日(金)掲載
神戸新聞   4月7日(金)掲載
西日本新聞  4月11日(火)掲載
東京新聞   4月11日(火)掲載
中日新聞   4月12日(水)掲載
北海道新聞  4月12日(水)掲載
中国新聞   4月18日(火)掲載
(明細)
☆パチンコ沈没 潰れる店・生き残る店
☆ダイレクトセールスの超技術

読売新聞   4月13日(木)掲載(関西・九州は14日)
(明細)
☆「仏教」のことがわかる101語
☆パチンコ沈没 潰れる店・生き残る店

中国新聞   4月21日(金)掲載予定
(明細)
☆「仏教」のことがわかる101語
☆世界一おもしろい日本神話の物語


書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧