おすすめ本のご紹介!

2009/04/24

ちょっと泣いてもいいですか

4月新刊のカバー写真『一流芸能人がやっている ウケる会話術』(Amazonで買う)(楽天ブックスで買う)が増刷になりましたーーーーーーーーーーーっっっっっ!

発売になってから、まだ1カ月も経ってなかとですよ。
うぅ。おっちゃん、嬉しくて涙が出るよ。
少し泣いてもよかですか。

ウェブ系とかコンサルとかで有名な著者さんじゃないためか新刊予約の注文数も上がらず、ゆえに初版部数も抑えめに設定され、新刊なのに今月の日経新聞の大きな広告(5段2分の1サイズ、通称「半五」)にも載せてもらえず、いいんだいいんだひっそりと地道に売っていくんだだから泣かないよボクだってこの本おもしろいんだもんカバーだってタイトルだってポップで上手にできたと思うし内容だってイケテルよだから頑張るもん!と思いながら孤独をかみしめていたのですが、発行したその月の内に増刷!

ディズニー関係とか、著者さんが著名人とか、著者さんがお金持ちで大掛かりなキャンペーンを張れる、とかであれば発行してすぐに増刷になることもあるけれど、いわば普通の企画で、普通の著者さんで、派手なキャンペーンもない本が、本そのものの持つ力できちんと売れて増刷になるなんて、ほんと、ひさしぶりだよ。

うっうっ(嬉し泣き)。
ありがとう、お客さん。
ありがとう、書店さん。
ありがとう、著者さん。
ありがとう、本。

この本を読むとね、「なるほど、たしかに爆笑問題はこういう話法を使ってるな」みたいなのが実感としてわかる。仕切りのあまり上手ではない司会者とかを見ると「島田紳助さんなら、きっとここでこういうふうに仕切るのだろうな」というのが見えてきたりする。自分の会話力を上げることが目的の本だけど、もっと野次馬的に「芸能人の話法」を分析して楽しむような目的にも使えるのよん。

ご興味をお持ちになった方、「こう書房“未公認”ホームページ new!」で内容の立ち読みが少しできますよ。それに、もう少ししたらきっとAmazonのなか見!検索にも登録されるはず。ぜひぜひ見て見て。




そしてもう1点。カバー写真
『ディズニーランドが教えてくれた「お客様を大切に想う気持ち」』
(Amazonで買う)(楽天ブックスで買う)も増刷になりました。

この本の発行は今年1月だから、発行されてまだ4カ月。でも今回の増刷は第5刷です。つまり、毎月1回以上の増刷が続いてるのよ。

うっうっ、嬉しいよぉ。
もいちど泣いてもよかですか。

子供のころからのディズニーランドファンで、のちにディズニーランドのキャスト(従業員)となった加賀屋さん。しかも日本だけでなくアメリカのディズニーランドでも働いたことがある。日本とアメリカの両方でスプラッシュ・マウンテンのアトラクションキャストを経験した数少ない(もしかしたら唯一の?)日本人。

キャストをやめたあともゲスト(お客さん)として毎週のようにディズニーランドに通い続け、いまも本当にディズニーランドが大好きな加賀屋さんが、お客さんの立場でキャストさんから受けた心あたたまるサービスを紹介してくれました。

なぜ加賀屋さんはこんなにもディズニーランドが好きなのか。それは、ディズニーランドには「お客さんのことを大切に想う気持ち」があふれているから。そしてその「気持ち」がいろいろなかたちで表現されているから。

「いま目の前にいるお客様のためにできるベストのことはなにかを考える」

その気持ちが伝わって笑顔になった瞬間を、あなたも感じてみませんか。

そして、そうした「気持ち」を持ち、お客さんに発揮できるのは、ディズニーランドだけではないことにも、気づいていただけたらと思います。

ところで、どこかのブログかなにかで、この本について「盗作疑惑が持ち上がっている」といった誤った記載がされているのを見かけました。

それ、この本じゃありませんからーーーーーーーーーーー。
違う出版社さんの、違う本ですからーーーーーーーーーーー。
そこんとこ、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

ついつい頑張りすぎてしまう

なんてことは、自分にはまずないのだが(むしろ、少しは頑張れ)、世の中には、ついつい頑張りすぎてしまう人がたくさんいる。

えらいよ。あんたは、えらい。

でもね、頑張りすぎて無理をすると、筋肉や関節などが緊張して、身体がコチコチになっちゃうんだ。

身体がコチコチになるとね、心もコチコチになっちゃう。
だって、身体と心は密接につながってるんだから。

心がコチコチになってきても、ついつい頑張りすぎてしまう人は、やっぱりさらに頑張っちゃう。

そうすると、コチコチだった身体がさらにコチコチになり、コチコチだった心もどんどんコチコチになってっちゃう。

だけどコチコチになった心に気づかず、あるいは、コチコチになった心に無理やり活を入れたりして、もっと頑張ろうとしたりする。

なかには、心がコチコチになってしまったことを自分で恥じたり、そんな自分を憎んでしまったり。

そうして気づいたときにはコチコチの心が身体全体を支配して、ついにはやる気が起きなくなってしまったり、やりたい気持ちはあっても心と身体がついてこなくなってしまったり。

そんな、ついつい頑張りすぎてしまったあなた。

その心のコチコチは、身体のコチコチから始まってる。
つまり、身体のコチコチをほぐしてあげれば、心のコチコチもほぐれるんだ。

だから、アクションブレーク

デスクで、トイレで、会議室で、簡単にできる1アクションが、身体のコチコチをほぐしてくれる。

身体のコチコチがほぐれれば、心のコチコチもほぐれてくる。

心のコチコチがほぐれれば、またいつもの元気なあなたに戻り、楽しく、気分よく、前向きに動けるようになるんだ。

カバー写真
一瞬でやる気のスイッチを入れる アクションブレーク術

楽天ブックスで買う
Amazonで買う




購入者さんだけがもらえるプレゼントの応募締切も近付いてるよ(3月31日まで)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/12

テレビを活用して会話上手になろう


自分が担当した本ではないのだけど、2004年10月に『売れっ娘ホステスの育て方 ~「水商売」の成功マニュアル~』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)という本が出まして、これがまぁ、よく売れたわけですよ。

著者さんとしてはね、読者さんをクラブのママと想定して、お店のホステスさんを教育するためのマニュアルとして書いたんですね。ですから当然、現役のホステスさんやクラブのママさん、ホステス予備軍の若い女性が中心になって買ってくださったのだけど、それと同等以上にね、一般のOLさんや学生さん、主婦の方、さらにはなぜか?男性の方まで買ってくださいまして。

この本ではですね、売れっ娘になる条件は美貌にあるのではなく、「会話」と「接客」のプロであることにある、と主張してるんですわ。そんでね、プロとしての会話ができるようになるためのトレーニングとしてね、テレビを活用する方法をすすめてるの。

どうもね、この「テレビを活用した会話トレーニング」がホステスさんだけでなく、一般のひとにもウケたみたいで。

そんじゃいっそ、「テレビを活用した会話トレーニング」そのものをテーマにした本をつくってみましょうかと。想定読者さんも水商売に絞らず、広く日常生活で男性・女性どちらも使えるかたちでつくりましょうかと。

そんでできたのが、これ。

カバー写真
『一流芸能人がやっている ウケる会話術』

Amazonで買う

鶴瓶や島田紳助、ダウンタウン松本など、話術の上手な芸能人の会話術をお手本に、相手を楽しませ場を盛り上げる話し方ができるようになる方法をまとめましたとさ。

しかもしか~も。会話術の本によくある「聞き方」「話し方」だけでなく、身近なエピソードを「おもしろいトークネタ」にする方法も教えちゃいます。これであなたも宴会でヒーローだ!

4月新刊なので、発売までまだ3週間ほどありますが、Amazonでの予約受付はすでに始まってます。職場での新入社員歓迎会やサークルの新入部員歓迎コンパに間に合わせるために発売後すぐに手に入れたい方は、Amazonでの予約がおすすめですよん。たぶんAmazonに品が入るのは4月1日頃、一般の書店にきちんと並ぶのは4月6日頃になるんじゃないかと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/10

仕事につぶされないためのビジネス護身術?


今日のタイトルの「仕事につぶされないためのビジネス護身術」、実はこれ、ある本の、いちばん最初のタイトル案です。

「こんなようなことを思ってるんですけど、こんなような内容で本をつくったら、売れると思いますぅ? その場合、仮書名はどんな感じになると思いますぅ?」というような投げかけを著者さんにしたところ、出てきたのがこれでした。本が発行される、約1年前のこと。

さて、これはいったい、なんの本の最初のタイトル案でしょうか。
以下、「タイトル検討の変遷」をご紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

電話とるの苦手なんすよ


著者さんとかと話していて、よくびっくりされるのだけど、自分、携帯電話を持ってないんですよ。いまだに。

いままで一度も持ったことがありません。なので、たとえば出先で電話が必要になり、誰かが携帯電話を貸してくれたとしても、電話のかけ方がわかりません(^^;)。

むかしからね、電話って苦手なんですよ。だからね、会社では仕事上しかたなく電話も使いますが、家では全然使わない。ずっと留守電にしっぱなしにして、かかってきても出ません(出ろよ)。こちらから電話するのは、宅配便の不在票が入っていたときに当日受け取りするため運転手さんの携帯にかけるときくらい。なので、ほとんど毎月、基本料金しか払っとらんぞ。

なんかね、電話だと、日本語が聞き取れないことが多いんですよ。とくに最近は携帯からかけてくる方が多くて、電波が悪いのか、よくわかんない。

しかも、電話嫌いの自分がわざわざ受けるくらいだから、仕事からみ電話だったりするわけです。なので、そこでの会話はけっこう重要だったり。なのに、よくわかんない。聞き取れない。

いわゆる共通語で話されても聞き取れないことが少なくないのに、これが地方の書店さんとか、地方かつ年配の読者さんとかだったりすると、もう大変です。聞き取れる単語が極端に減っちゃうし、そもそも日本語に聞こえなかったり(^^;)。

たとえば岩手とか青森とか、わざわざ遠くから「本がほしい、買う前に大まかな内容を知りたい」って、おじいちゃんとかが電話をくださったりするわけです。若い人になら「立ち読み版があるから、インターネットで見てね」ていえますが、おじいちゃんに「パソコンはよぅわからんでのぉ」とかいわれたら、電話で口頭で教えてあげるしかありません。

ところがね、わからんのよ。おじいちゃんのいってることが。こちらからお伝えしたことになにかの返答だか質問だかしてるらしいのだけど、なぁ~にをいってるんだかさっぱりわからん。何回か聞き返しても、わからん。それまでの流れから質問内容を推測し「お聞きになりたいのは、こういうことですか?」と投げてみても見当違いだらけ。

なんかもう、ほんと、申し訳なくて。電話代だって高いのに、遠くからかけて、なのに、いってることを理解してもらえないなんて、どうよ?

ほかにも、九州の書店さんからうけた電話の内容が聴き取れず、注文なのかフェアをしたいという相談なのか、はたまた問い合わせなのか、ぜんぜんわからず途方に暮れたこともあったり(^^;)。

そんなことが何度かあって、すっかり電話嫌いになっちゃいました。というか、もう恐怖症ですよ。ベルが鳴ると緊張しちゃう。だから少し前まで自宅の電話はベル音を消してました(最近は鳥のさえずりにしてある)。

そういう人、ほかにもいるよね?

実は、これって悪循環。

電波の関係や方言への不慣れから相手の名前や話が聴き取れず、何度も聞き返すのが嫌だったといったきっかけから電話が苦手になり、それでもでなくちゃいけないと思ううちに緊張し、余計に相手の話が聞き取りにくくなっちゃう。そのうちに、電話のベルが鳴るだけで緊張。そうすると、聞き取りにくいだけでなく、声も出にくくなっちゃうし、メモをとる手もうまく動かなくなっちゃったりして...

この悪循環を断ち切るヒントは、実は耳にあります。

声が聞こえにくい人は、乳様突起(にゅうようとっき)と下顎骨(かがくこつ)の間が緊張して詰まっていることが多いんですって。なので、そこをゆっくりとほぐしてあげることで、聞こえづらさが解消するのだとか。

では、どうやってほぐせばいいのか。
そこで、アクションブレーク!

カバー写真答えは『一瞬でやる気のスイッチを入れる アクションブレーク術』(楽天ブックスで買う)(Amazonで買う)の115ページに載ってます。

両手で耳をほぐす1アクション。これで同時に喉の緊張もとれるので、声も出やすくなります。さらには脳への血行もよくなり、落ち着きも取り戻せるんですって。

デスクでできる、簡単なアクションです。出社したらまず、1日の準備として行なうだけで、電話のベル恐怖症への準備になりますってよー。

ほかにも、仕事の能率・効率を阻害する「すっきりしない気分」をすかっと吹き飛ばせるアクションを多数紹介。前向きな次への一歩を踏み出し思う存分能力を発揮したいあなたにきっと役に立つはずですよん。

なお、本の帯についている応募券を今月中に著者さんに送ってくださった方にはプレゼントがあります。抽選で5名様にDVD、応募者全員にスペシャル音声ファイルをプレゼント。さらには携帯用のサポートページもあったりして。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

明日あたりから全国書店さんで販売開始ですよー

カバー写真11月新刊『ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密』(Amazonで買う)(楽天ブックスで買う)は今日(11月4日)、問屋さんに搬入されてます。

きっと問屋さんの、働き者のお兄さん、お姉さん、おじさん、おばさんたちが一生懸命に箱詰めし、今日のトラックに載せて全国の書店さん向けに送り出してくれたはず。

そしてきっと、力が強くて義理と人情に厚いトラック運転手のお兄さん、お姉さん、おじさん、おばさんたちが安全に十分注意しながらもできるだけ早く書店さんに本を届けようと、いまごろは日本全国に向けて快走してくださっているのでしょう。

たくさんの働くお兄さん、お姉さん、おじさん、おばさんの手から手へと受け渡され、間もなく書店さんに届きます。都心部のお店では、もう届いているところもあるかもしれません。

時給換算すると、たぶんファーストフードのアルバイト代よりも低い額で、だけど少しでも良い内容になるようにと、著者さんがたくさん取材をし、時間をかけて一生懸命書いてくださった原稿が、出版社、印刷所、製本所の多くの「働く手」によって、やっと本になりました。そうしてできあがった本がいま、本を運び、実際に売ってくださる多くの「働く手」にゆだねられ、全国へと送られていきます。

そうした多くの「働く手」にも思いをはせながら、この本をあなたの手で書店の棚から取り出し、楽しんでいただければと思います。





====================
《書籍プレゼント当選者の発表》

10月の企画エントリーは31日に締め切り、抽選の結果、

カバー写真
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』



の感想をくださった、貴方の応援団長さんぐりんこさんが当選となりました。
おめでとうございます。


====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

11月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   12日(水)
(明細)
★ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密
★メシが食いたければ好きなことをやれ!
★学校の勉強だけではメシは食えない!
★この一冊で義と愛の戦国武将 直江兼続がわかる!

東京新聞   11日(火)
中日新聞   11日(火)
京都新聞   12日(水)
西日本新聞  12日(水)
静岡新聞   12日(水)
河北新報   12日(水)
北海道新聞  13日(木)
(明細)
★ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密
★メシが食いたければ好きなことをやれ!
★この一冊で義と愛の戦国武将 直江兼続がわかる!

書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/30

イクスピアリで先行販売始まってますよー

一昨日(10月28日)の夕方に刷り上ってきたばかりの11月新刊『ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密』の先行販売が、舞浜の丸善イクスピアリ店さんで始まってますよー。
舞浜の丸善さんはこれまでも当社のディズニーランド関連本をたくさん売ってくださったので、今回もめっさ期待してまっすぅ~。

Amazonさんでは2週間くらい前から予約受付中!
だけど、いまのところまだ予約受注実績なし(ToT)。
ま、アナウンスをちゃんとしてなかったからしかたないっすね。


全国の書店さんの店頭には、11月5日(水)か6日(木)くらいから並びだすはず。見かけたらパラパラっと立ち読みしてみてね。そんで、おもしろそうだと思ったら買ってね。もちろん、おもしろそうだと思わなくても買ってくれてOKよ(^^;)。

関係ないけど、まもなく発売されるデジタルメモ「ポメラ」、なんかむっちゃほしいぞ。もう少し軽くなって、液晶のバックライトがON/OFFできて、価格が1万5000円くらいまで下がると、さらにいいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/09/29

銀座ホステスがビジネスで1位だってさ\(^o^)/

営業部Kさんの報告によりますとっ、

カバー写真
『銀座流 売れっ娘ホステスの会話術』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う

が、リブロエキュート日暮里店のビジネス書ランキングで1位を獲得しましたー。
しかも、9月7日~13日および9月14日~20日の“2週間”にわたり!!!

写真を掲載っとな。


Libronippori


おぉ、本当に1位の場所に置いてある。

しかも、2位と5位は最近の超ベストセラー『脳を活かす仕事術』『フォーカス・リーディング』(どちらもPHP研究所さんだ。スゲー)、そして3位は全国的大ヒットでドラマにもなる『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社さん)じゃないですか。

しかしこの本、ビジネスでいいのか、ほんとに??

さらに営業部Kさんの報告によると、リブロ名古屋店のビジネス書ランキングでも4位(9月7日~13日)に入っとるそうです。これも写真をぽちっとな。


Libronagoya


むっふふ。売れるってのはいいもんだ。
売れないけれど「いい本」っていうのもあるけれど、売れる「いい本」のほうがやっぱ気分がいいよねぇ。

日暮里と名古屋のリブロのお客さん、買ってくれてありがとー。
日暮里と名古屋のリブロさん、たくさん売ってくれてありがとー。

発売以来各地で出足良好な9月新刊、

カバー写真
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

楽天ブックスで買う
Amazonで買う



も、よろしくネっ!(ゆーとぴあ風に...って、若い人はわからんか)。





====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

9月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   9日(火)
東京新聞   12日(金)
中日新聞   11日(木)
京都新聞   19日(金)
西日本新聞  10日(水)
北海道新聞  8日(月)
静岡新聞   12日(金)
河北新報   12日(金)
(明細)
★メシが食いたければ好きなことをやれ!
★学校の勉強だけではメシは食えない!
★いまの仕事で本当に幸せになれますか

読売新聞(東日本) 11日(木)
読売新聞(西日本) 12日(金)
(明細)
★メシが食いたければ好きなことをやれ!
★学校の勉強だけではメシは食えない!
★銀座流 売れっ娘ホステスの会話術

書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/26

読者は本を選び、本は読者を選ぶ


きっと、世の中に「完全に悪い本・ダメな本」なんて、ない。
「まったく誰の役にも立たない本」なんて、ない。

あなたの役には立たなくても、
ほかの誰かにとっては役に立つ(部分がある)に違いない。
あなたにとってはつまらない内容でも、
ほかの誰かにとってはおもしろい(部分がある)に違いない。

読者が本を選ぶのと同じように、本はそれを読む読者を選ぶ。
「役に立たない」「つまらない」のは、
それが「悪い本」「ダメな本」だからではなく、
あなたが「本を選ぶ」ことに失敗しただけ。
本が、あなたを「読者として選ぶ」ことをしなかっただけ。

だから、自分で読む本は、自分で選びたい。
誰かが選んだものを読むのではなく、自分で選んで読みたい。
誰かが選んだその本は、
その「誰か」を読者として選んだかもしれないけれど、
あなたも読者として選んでくれるとはかぎらない。

だから、自分で読む本は、自分で選びたい。
自分を読者として選んでくれる本を、自分で選びたい。

==========

9月2日発売の

『いまの仕事で本当に幸せになれますか ~自分にぴったりの《天職》を見つける本~』

の見本が刷り上ってきましたー。カバーの空色がきれいに印刷されてて爽やかです。

この本を、どんな人が選んでくれるかな。
この本は、どんな人を読者に選ぶかな。

たぶん、

夢はあるのだけど、最初の一歩を踏み出す勇気がなかなか出ない人。
夢を見つけたいのだけど、夢の見つけ方がわからない人。
いまよりもっと、イキイキと輝いて仕事をしたい人。
「やりたいこと」や「幸せな生き方・働き方」を探している人。

そんな人が、この本との相性がよさそうです。

書店さんには9月2日ころから並び始めるはず。
Amazonではすでに予約受付中。







====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

8月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   5日(火)
東京新聞   6日(水)
中日新聞   7日(木)
神戸新聞   7日(木)
西日本新聞  8日(金)
北海道新聞  12日(火)
中国新聞   18日(月)
(明細)
★大喜利式発想脳トレーニング
★子どもの「学習脳」を育てる法則
★学校の勉強だけではメシは食えない!


書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

2種類の人

世の中には、2種類の人がいる。
「やるべきこと」があって、その「締切日」が決まっている場合、
締切までにやるべきことをやって納期を守る人と、
締切までにやるべきことをやり終えず納期を守らない人。

世のには、2種類の人がいる。
10個の「やるべきこと」があって、それをやるために「10日」の猶予を与えられた場合、
毎日1個ずつかたづけて、締切日に間に合わせる人と、
最初の8~9日はとくになにもせず、最後の1~2日で一気にかたづけて締切に間に合わせる人。

世の中には、2種類の人がいる。
追い詰められたほうが能力を発揮する人と、
追い詰められると能力が発揮できない人。


自分は以前は、納期を守る人だった。納期を守るために、必要なスパンを計算し、それにあわせてスタート日や毎日のペースを決めていた。
でもいまは、必要なスパンが計算できない。スタート日や毎日のペースが決められない。結果として、納期が守れないことがある。

自分は以前は、10個の「やるべきこと」を猶予の「10日」で均等割し、1日1個ずつかたづける人だった。
でもいまは、最初の半分くらいは遊んでしまう。残り半分の猶予の、そのまた前半分くらいでやっとやる気が出始め、最後の4分の1でなんとか帳尻を合わせようとする。

自分は以前は、追い詰められると能力が発揮できない人だった。
でもいまは... やっぱり追い詰められると能力が発揮できない。
なのに、追い詰められるような状況に自分で身を置きがちだ。

猶予の半分以上をだらだら過ごし、時間が足りなくなって追い詰められ、そのため余計に能力がダウンし、けっきょく納期に間に合わない。

たんに「ダメな人」になっただけだな、自分。

それはきっと「いまの仕事」がいけないんだと思う。
仕事で成果がうまく出ないのも、
なんか仕事に一生懸命になれないし、のめりこめないのも、
きっといまの仕事が自分に向いていないからなんだ。
もっと自分に向いている仕事が見つかれば、
もっと自分に合った仕事だったら、
やる気がどんどん湧いてきて一生懸命になれるし、のめりこめるし、もっと成果も出るはず。
あぁ、もっと自分に合った仕事に転職しようかなぁ...


なんて考えで転職しても、やっぱダメなものはダメよん。
だって、本当にいけないのは「いまの仕事」じゃなくて、「どう生きたいのかをきちんと理解していない自分」なんだもん。
働くことは、生きることそのもの。
だから、自分はどう生きるのかを考え、その生き方をベースに仕事をしないと、どんな仕事についても「いまの仕事がいけない」と思ってしまうことになるのよん。

逆に、自分はどう生きたいのかが、どういうふうに働けば自分は幸せなのかがわかれば、すべき仕事や働き方もわかってくる。
それこそが「自分に合った仕事」、つまり、天職。

自分が幸せであるために、どう生きたいのかを考える。
幸せな働き方を手に入れるために、やりたいことを見つける。
でも、それってなかなか難しい?

そんなこと、ないよ。
9月2日発売の『いまの仕事で本当に幸せになれますか』が、きっとあなたの「やりたいこと探し」「幸せな生き方・働き方探し」を手伝ってくれます。
Amazonで予約受付中。






====================
《新聞広告掲載予定のお知らせ》

8月の新聞広告掲載予定です。

日経新聞   5日(火)
東京新聞   6日(水)
中日新聞   7日(木)
神戸新聞   7日(木)
西日本新聞  8日(金)
北海道新聞  12日(火)
中国新聞   18日(月)
(明細)
★大喜利式発想脳トレーニング
★子どもの「学習脳」を育てる法則
★学校の勉強だけではメシは食えない!


書店さん、品揃えよろしくお願いします。
読者さん、広告を見かけたら、ぜひ書店さんで実物のご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧